- 言葉で人と企業を結ぶ -

剤師は活躍できる場が多い!
き方イロイロ♪薬剤師「病院編」

薬剤師が活躍する主な場を3つご案内します。

 

<病院>

病院で働く魅力は、入院患者さんの症状や顔をみながら、調剤をする事ができることや

最先端の医療を学ぶことができ、薬剤師としての飛躍的な成長が期待できること。

 

主な仕事は

●医薬品情報業務

DI業務:医薬品の情報を集め、管理し、提供すること。

 

●薬品管理業務

必要な薬を必要なときに必要な数だけ提供できるように管理する業務。

 

●製剤業務

医療に必要な、発売されていない薬を造る業務。

 

●治験業務

製薬会社と協力し、新しい薬を造る業務。

 

●その他

院内感染の防止など

 

 

最近は、病院の中の病棟に特化して働く「病棟薬剤師」も増えています。

各病棟でドクターのかわりに薬の飲み残しがないかの確認や、適正使用の促進をします。

病院薬剤師の中でも特に患者の方との接点が多く、人気がある業種です。

 

また、専門科目を扱っている病院では、

がん専門薬剤師・精神科専門薬剤師・HIV感染症専門薬剤師・妊婦授乳婦専門薬剤師・

感染制御専門薬剤師など専門的に知見を得る事ができます。

ここでは、新しい薬剤などにも早く触れる事ができるので、

専門領域での最新の知識・技能が薬剤師に求められるようになり、

専門的な知識向上が望めるのが大きなメリット。


き方イロイロ♪薬剤師「調剤薬局編」

<調剤薬局>

調剤薬局では、“調剤業務”“服薬指導”“薬歴管理”の3点が主な業務内容。

 

●調剤業務

病院など医療機関の医師が出す処方箋をもとに薬を調剤する業務。

 

●服薬指導

①薬の服用方法・効能・保管方法を説明したり、日々の健康について

アドバイスし、病気の予防に有効な薬の情報を提供する業務。

②患者の方々からの薬の情報を集め、副作用・薬の効き目・安全性

などの情報を医師にフィードバックする業務。

 

●薬歴管理

副作用などの情報を含む、薬の服用履歴を管理する業務。

 

高齢化社会に伴い、在宅医療として薬剤師の活躍の場が広がります。

「個人宅」と「介護老人保健施設」があり、どちらもドクターと往診し、

処方箋が出されたあとの調剤業務、服薬指導などを担当します。


き方イロイロ♪薬剤師「ドラックストア編」

<ドラッグストア>

ドラッグストアでの薬剤師の業務内容は多岐にわたり、

“調剤業務のみ”“OTC販売のみ”“調剤業務+OTC販売”の3点が主な業務内容。

 

※OTCとは、Over The Counterの略。

OTC医薬品とは「カウンター越しにアドバイスを受けた上で購入できる薬」

というところから由来しています。

 

OTC販売の場合は処方箋がないので、症状やニーズを聞き、適切な商品を推奨し、

適正使用のアドバイスなどを行います。

 

体質を考慮しながら、ご希望以外の薬を薦める事もあるので、

コミュニケーション能力が重要に。

 

薬の他にも多様な生活雑貨なども販売されているので、こうした商品についての

管理責任も発生します。店長の役職についた場合は、人員の確保・管理業務、

売上やコストの管理、仕入れの発注など、店舗の経営を支えるのが重要な仕事になります。

 

最近では、ドラッグストアでも調剤室を併設した店舗が増えています。

ここでは調剤薬局と同様の仕事ができ、調剤業務とOTC販売を両方経験できる場合も。

また、在宅にも力を入れるドラッグストアもあり、幅広い経験が可能になります。

 

ドラッグストアでは有資格者があまり多くいないので、薬剤師としての高い専門性を

発揮することができるので、ヤリガイ充分!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


薬剤師サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ