- 言葉で人と企業を結ぶ -

後はどんな暮らしをお望みですか
後はどんな暮らしをお望みですか

高齢者や要介護者を対象にした介護施設や高齢者住宅は

さまざまな種類があります。

また、そこで提供されるサービス内容、費用や料金、

入居条件なども施設によって大きく変わります。

 

選択肢が多い分、「何が良いのかわからない」という方も

いらっしゃると思いますので、それぞれの施設の違いを

簡単にご紹介します。


種多様ある高齢者福祉施設の違いって?

●特別養護老人ホーム

老人福祉法によって制度化された高齢者用の福祉施設。

自宅での介護が厳しい要介護度の重い方への援助を目的に

しています。

日常生活の介護や機能訓練、レクリエーションなどが

サービスの中心。入居待機者が多く、1年以上も待機

しなくてはならない場合もあります。

 

●介護老人保健施設

自立生活をめざす施設で、リハビリを中心とした介護が

目的で、病院と自宅の中間的な役割を持っています。

入所期間が3ヶ月~1年と短いのが特徴。

医学的管理の下で介護や看護・リハビリを受けられますが

レクリエーションや季節行事などのサービス提供は

ほとんどありません。

 

●介護療養型医療施設

医療法に基づいて、病状が安定期にある要介護者に対し、

医療・看護に重点を置いた医療や介護、日常生活支援を

行うことを目的とした施設。

他の施設よりも重度の要介護者などを受け入れていますが

寝たきり患者に対する医学的管理下のケアが中心なので

状態が改善してきた場合には、退所を求められることも。

 

●軽費老人ホーム

低額な料金で高齢者の方に住居を提供する老人福祉施設。

日常生活を自立して送ることができる身寄りのない人や

家庭の事情等により家族と同居できない方を対象として

いて、所得制限があるのが特徴です。

 

●養護老人ホーム

環境上や経済的な理由によって、自宅で生活する事が

困難な高齢者が入所する施設です。特別養護老人ホーム

との違いは、介護保険施設ではないこと。

 

●介護付有料老人ホーム

各都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」

指定を受けた有料老人ホーム。

食事をはじめとした健康管理、日常生活においても介護

サービスが受けられ、環境や設備も充実しているので、

費用は高めです。

中には、自宅を整理してマンション感覚で入居する人も。

 

●住宅型有料老人ホーム

食事などの生活支援サービスが提供される居住施設。

介護サービスがないので必要なときには、訪問介護や

通所介護などの在宅サービスを利用することになります。

 

●健康型有料老人ホーム

介護を必要としない健康な高齢者を対象とした施設。

図書室やスポーツジムなどの設備が充実していて、

日常生活でかかせない家事のほとんどを施設スタッフに

依頼できるのが特徴です。

シニアライフを楽しみたいと言う方にオススメ。

 

●サービス付き高齢者向け住宅

バリアフリーで見守り・生活相談サービスなどがあり、

高齢者の安心を支えるサービスを提供している住宅。

施設によりサービス内容が大きく異なります。

有料老人ホームではなく、一般の賃貸住宅扱で、

居住者の必要に応じて、食事提供や訪問介護などを

受けることができるなどニーズにあった住まい方を

選択できます。

 

●グループホーム

認知症の方5~9人程度がグループとなり、介護スタッフ

のサポートを受けながら共同生活する施設。

食事の支度や掃除・洗濯などをスタッフと共同で行い、

普段の家庭生活と同じ環境の中で生活を送ります。

施設所在地と同じ市区町村にお住まいの方が対象となる

地域密着型サービス。

 

●シルバーハウジング(公営高齢者向け賃貸住宅)

高齢者向けのバリアフリー設備を施した公営賃貸住宅。

バリアーフリー化し、安否の確認や緊急時の対応などの

サービスを行うライフサポートアドバイザーが配置され、

高齢者が安全に安心して生活できるように配慮されていて、

低廉な家賃で入居できます。

基本、介護サービスはないので、必要なときには、

訪問介護や通所介護などの在宅サービスを利用すること

になります。


後に

いかがでしたか?

高齢化社会の今、さまざまな新しい取り組みも始まり、

それに付随するサービスも多種多様。

後で後悔することのないよう、しっかり調べ自分の目で

確かめて、理想の暮らしを手に入れてくださいね。

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


多種多様な高齢者福祉施設サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ