- 言葉で人と企業を結ぶ -

目される主婦力
婦の働き方

総務省の調査によれば、働きたいけれど働けない女性は300万人以上。

年代によって望む働き方や課題は様々。

 

若い子育て世代の方は、短い時間でも社会とのつながりを求めたいと考えつつも、

実際には子供の預け先の確保が出来ず断念する。

また子育てが一段落した世代の方は、

フルタイムで働きたいと考えつつも長年のブランクが大きな壁となっているのが現実です。

 

ですが労働市場に詳しい専門家によると、

ここ数年、企業の人手不足が続く中、今主婦の仕事力に熱い視線が注がれています。

 

中には、行政と企業が連携を取り、能力の高い優秀な人材の発掘や、

ブランクを乗り越えるため、

今の時代にあったスキルを身につける講座の開講などを

積極的に行う例も多く耳にするようになりました。

 

ブランクに不安のあった方はこれにより自信を持って働けるようになり、

それと共に地域企業にとっても人手不足が解消され

中には正社員として就職できるケースもあり、良い相効果が表れているようです。

今後このような仕組みがますます注目を浴びそうです。

 

また、子育て世代の方でも安心して働けるよう

職場の中に託児所を併設するなど様々な取り組みもあるようです。

 

主婦の方が活躍できる舞台がますます広がっています。

 


帰する為のポイント

復帰する際にまずどうして働きたいか、そこを明確にしておくことをオススメします。

明確にしておくことで、どんな仕事をどうやって探せば良いかが自然に見えてくるようになります。

 

お金を重視するなら、時給の良い職種を。

夢を叶えたければ賃金より内容を重視するでしょう。

 

長く専業主婦をしていると、どうしても自分の価値を低く見積もってしまいがちですが、

主婦業や子育て経験を高く評価する雇用者も少なくありません。

自分の意識が変わればチャレンジできる仕事の幅も広がるでしょう。

 

だだし、実際に働き始めると家事との両立は思った以上に負担が大きいものです。

また子供がいると仕事を始めるのも二の足を踏んでしまいがちです。

まずは焦らずスモールステップでトライし、自分のペースでキャリアを積んでいきましょう。

 

お母さんが仕事をすることは、少なからず子供にもメリットがあるもの。

そんな風にすべてを楽観的に考えチャレンジしてみましょう!

 


婦の社会復帰に役立つ資格

社会復帰に役立つ女性に人気の資格

 

■簿記検定

経理関連の部署への再就職には有利な資格です。

 

■医療事務

年齢にかかわらず、長く安定して働けるのも魅力です。

 

■調剤薬局事務

調剤薬局での保険確認や、レセプトと呼ばれる調剤報酬明細書の作成などを行う調剤薬局事務。

その他にも受付や会計なども行う、薬剤師をサポートするお仕事です。

 

■介護事務

介護事業の運営に不可欠な介護事務のお仕事。介護報酬請求業務、

いわゆるレセプトの作成が代表的ですが、

他にも受付・電話応対・スタッフのシフト管理や備品のチェックなど、事務全般を行います。

 

■歯科助手

歯科医院においての受付や会計、歯科医師や歯科衛生士のサポートなど、

医院での幅広い業務に携わります。

 

■保育士

現在、共働き世帯、また待機児童の増加にも伴い、社会的ニーズも高く、

保育所はもちろん、児童福祉施設や企業内保育所など、活躍の場がどんどん広がっています。

また、学んだ知識はそのまま自分の子育てにも活かせるのも魅力です。

 

■インテリアコーディネーター

暮らしやすい住空間を創造するために、適切なアドバイスを行う「住まいのスペシャリスト」です。

 

様々な資格がありますが、

家事や育児と両立させながら独学や通信教育でも取得できる資格も沢山あります。

時間を見つけてコツコツと始め、バランスの取れた素敵なワーキングライフを目指しましょう。

 

関連キーワードはこちら

 


主婦目線サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ