- 言葉で人と企業を結ぶ -

業の社会貢献を紐解く
業の社会貢献はもっと評価されていい

 

企業の「社会的責任」(CSR)という言葉は耳にすることが多いですが、最近は「企業の社会貢献」も、企業PRという形で新聞やCMなどで触れることが多くなっています。また、社会貢献活動を行うのは以前は資金などに余裕のある大企業がほとんどでしたが、中小企業においても積極的に社会貢献活動を表彰したり推進したりという動きが目立つようになってきており、今やどんな会社においても社会貢献は注目すべき取り組みであるといえます。

 

では、企業の社会貢献とはどんなことをするのでしょうか。最も多いのが、企業が利益の一部を寄付するというものですが、最近増えているのは、森林伐採が進んでいる地域などへの植林活動などの企業の事業内容とはまったく関係ないボランティア系のものです。企業の社会貢献が目につくようになってきたのはここ数年のことですが、企業がCS(顧客満足)を追求していく中で、その延長で社会貢献活動にも取り組みを拡大したケースが多くあります。

 

 

では、企業はなぜ社会貢献に取り組むのでしょうか。

よく誤解されがちなのは、企業は競合相手との差別化をするため、つまり「競争に打ち勝って生き残るため」に社会貢献活動をする、という考え方です。この発想でいうと、社会貢献をする動機は受身でしかありませんが、そもそも社会貢献はもっと高次の企業理念、つまり「企業が存在する社会的意義」といったような、主体的な動機に基づいたものなのです。

 

また、次のような誤解もあります。

「社会貢献=公益」であるから、企業利益とは相反する、というものです。確かにこういった経営理念の企業も多くありますが、本来、日本型経営をする企業の多くは「企業活動の目的は社会貢献にある」、つまり利益と社会貢献を同一線上のものと考えることが多いのです。
「どうすれば本業を通じて社会貢献できるか」を考え、戦略を立案し、実行に移すということです。

 

 

このように、企業の社会貢献は何も特別なことではありません。

どんな企業でも、本業の事業を行う中である程度の社会貢献を実現しているのです。

 

 関連サイトはこちらから

ボランティア

価値ある仕事

・・・もっと見る

 


社会貢献サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ