- 言葉で人と企業を結ぶ -

会人としての基礎力
会人基礎力って

 

 

社会人基礎力

 

「社会人基礎力」とは、

経済産業省産業政策局長の私的研究会「社会人基礎力に関する研究会」が2006年に明確化した、

職場等で求められる能力のことを言います。

 

企業の職場等で求められる能力として、単なる学力ではなく、人と関わる中で仕事に取り組む際に

必要な能力(=社会人基礎力)を重視する傾向が強まってきていることが、背景として挙げられます。

 

現代の若者は、家庭や地域社会での近隣の人との触れ合う機会の減少等により、

社会人としての水準(基礎力)のバラつきが拡大している傾向が見られ、ビジネスの国際競争力の

低下等が懸念されています。

 

しかし、社会人基礎力を定義することで、社会人として必要とされる力の共通認識を持つことができ、

社会人になる前から意識的に育成することが可能になると考えられています。

 

 


体的な「社会人基礎力」とは?

「社会人基礎力に関する研究会」が定義した「社会人基礎力」とは以下の通りです。

 

■前に踏み出す力 ~アクション~

・主体性(物事に進んで取り組む力)

・働きかけ力(他人に働きかけ巻き込む力)

・実行力(目的を設定し確実に行動する力)

 

■考え抜く力 ~シンキング~

・課題発見力(現状を分析し目的や課題を明らかにする力)

・計画力(課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力)

・創造力(新しい価値を生み出す力)

 

■チームで働く力 ~チームワーク~

・発信力(自分の意見をわかりやすく伝える力)

・傾聴力(相手の意見を丁寧に聴く力)

・柔軟性(意見の違いや立場の違いを理解する力)

・情況把握力(自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力)

・規律性(社会のルールや人との約束を守る力)

・ストレスコントロール力(ストレスの発生源に対応する力)

 

社会人基礎力を明確化することで、企業側の求める人物像を「社会人基礎力」という共通指標に

基づき打ち出すことができ、採用時のミスマッチを防ぐことができるともいわれています。

 

最近では、経済産業省を中心に、産官学が連携し、

若者の社会人基礎力を育成していく取り組みが行われてます。

 

(人材マネジメント用語集より)


会もある!! 社会人基礎力育成グランプリ

社会人基礎力育成グランプリとは、経済産業省が提唱する社会人基礎力の概念に基づき、

大学生チームが授業の課題などを通じて、社会人基礎力をどれだけ伸ばせたかを競う大会があります。

 

大賞

 

2013年 大阪工業大学 – なにわの町工場で鍛えられた社会人基礎力

2010年 流通科学大学 – 産学連携弁当の開発

2009年 大阪工業大学 – 人工衛星の作成

2008年 山梨学院大学 – 地域ブランドの企画提案

 

 

社会との関わりが社会人基礎力を引き出すと言われ、この取り組み自体が学生の成長に

大きく寄与した結果が、コミュニケーション力を高めたり、社会人基礎力の向上に繋がったようです。

 

 

関連キーワードはこちら

行動力

若手活躍

もっと見る…


社会人基礎力サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ