- 言葉で人と企業を結ぶ -

もが望む「ストレスフリー」な毎日☆
トレスについて学ぼう

■ストレスとは

外部からのさまざまな刺激によって心や体に負担がかかることで、

心身に歪みが生じることを「ストレス」と呼び、これが原因で不眠やうつ、

胃痛や頭痛、更には胃・十二指腸潰瘍など、心と体に不調を引き起こすことも。

 

<日常生活から考えられる3つの原因>

 

①仕事の量や質

仕事が多く労働時間が長い、休日が少ないなど量によって生じるストレスや

ノルマや責任が重い、ヤリガイが感じられない、技術的に難しいなど、

質によってもストレスを感じます。

 

仕事が忙し過ぎたり、合わなかったりすると生じることが多いですが、

逆に、暇すぎることもストレスになります。

 

②人間関係

職場やプライベートなど、人間関係によるストレスは大きなダメージを与えます。

職場で感じるストレスの原因の第1位に、人間関係が挙げられているほど。

 

③ストレスを溜めやすい性格

競争心が強く攻撃的でせっかちな人や真面目で何事も完璧にこなさないと

気が済まない人はストレスが溜まりやすいタイプ。

 

また、緊張や不安、不快な感情などをストレートに表現できず、自分の感情を

抑えたまま過剰に適応しようとする人もストレスを溜め込みやすいといえます。


トレスに負けない心はつくれる!?

■ストレスに負けない心をつくるには「自分を肯定する」

では、自分を肯定することはどうゆうことでしょう?

 

それは、自分を認めることであり、

自分を大切にする気持ちがあれば、誰だってできることなのです。

 

そのために大切な考え方のポイントは

●自分を責めないし、人も責めない

●人と自分を比べない

●あきらめることは悪い事ではない

●自分を信じる

 

自分を大切にできれば、人も大切にできます。

それによって、コミュニケーションが円滑に進み、知らず知らずのうちに

周りが助けてくれ、プラスのエネルギーに満ち溢れるようになります。

 

あなたも、ありのままの自分を認め、受け入れることで必ず変われます。


理なく続けられる働き方を見つけよう♪「子育てママ編」

先に述べたように『働き方』はストレスと大きな関係があります。

では、どうしたら無理なく働けるのかを一緒に考えていきましょう。

 

まず、客観的に自分がどれくらいの時間を仕事に費やせるのか。

 

<働ける日&時間を考える>

・家族が起きてくるまでの朝の2~3時間だけ

・子どもが幼稚園に行っている昼間5~6時間

・子どもが寝ついてから自分が寝るまでの夜2~3時間

・平日はムリなので土日祝だけ

・スケジュールがまちまちなので単発の仕事が良い

 

1日2~3時間や単発ならアルバイト。少し高時給な仕事も良いかもしれません。

平日昼間の6時間程度が使えるならパートや派遣で働けます。

派遣には土日祝だけというお仕事もあります。

1日8時間以上働けるなら、福利厚生のしっかりしている正社員がおトク。

外に出られない方には、内職やパソコンを使った在宅ワークがオススメです。

 

どのような立場・職種であれ、仕事をするからには責任とプライドが不可欠。

自分にあった働き方を見つけて、イキイキと楽しく活躍しましょう!

 

関連キーワードはこちら

 


ストレスフリーサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ