- 言葉で人と企業を結ぶ -

外にも重要!? 体力と精神力
れの仕事「スタイリスト」

 

スタイリストは、テレビ業界や出版社との仕事が多く、

表舞台に出る俳優やモデルなどを演出する仕事なので、

一見華やかに見えますが、アシスタント時代は

アイロンがけや荷物持ちといった仕事が多いのが現実。

 

プロになってからもクライアントとの打ち合わせや

衣裳集めの店回り、アイロンがけといった服の管理や

撮影の準備など、ファッションセンスや情報収集力

だけでなく体力面も重視される仕事です。


タイリストへの道はコレ!

■スタイリストへの道

スタイリストになるために、特に必要な資格はなく、

センスと努力、知識、そして経験を重ねて

デビューしているのです。

 

そこで、スタイリストになるために進むべき道を

4つご紹介します。

 

①服飾系の学校に入学

服飾系の専門・短大・大学に入学し、服のデザインや

素材などの専門知識を身に付ける。

 

これが1番の王道かもしれません。

最近では「スタイリスト育成コース」と銘打った学科を

設けている学校もあります。

 

実際にスタイリストを輩出した実績をたくさん持つ

学校を選ぶのがポイント!

 

②スタイリスト事務所に入社

スタイリスト事務所にアシスタントとして所属し、

実践を積むという方法もメジャーです。

 

しかし、大きく求人広告を出すことがほとんどないので、

事務所のHPやアパレルショップのHP、雑誌などを

こまめにチェックしましょう。

 

現場に出て修行を積めることは、スタイリストを目指す

ために非常に有益だと言えます。

 

③フリースタイリストのアシスタント

将来の人脈作りや仕事を学ぶという視点から見て

スタイリストへの大きな近道となります。

 

このケースも、個人のHPやSNS、ブログなどをこまめに

チェックする必要があります。

また、時々雑誌に掲載されるケースも。

 

1人のフリースタイリストにつくということは、師匠の元へ

弟子入りするということです。

 

師匠となるスタイリストのセンスや仕事への価値観・人脈

などが大きく影響してくるので、憧れのスタイリストが

いるのであれば、積極的に自分を売り込みにいきましょう。

 

④アパレルメーカーに就職

アパレルメーカーに所属し、スタイリストとして活躍

している人もいます。

 

また、アパレルメーカーに別職種で勤務し、知識と経験を

付けてからスタイリストを目指すこともあるようです。


かせる資格はコレ◎

■持っていると役に立つ資格

絶対に持っていなくてはならない資格はありません。

しかし、下記のような資格を持っていれば活かせます。

 

●色彩検定

色に関する知識や技能を問う試験

●カラーコーディネーター検定

色に関する知識や技能を問う試験

●色彩技能パーソナルカラー検定

色に関する知識や技能を問う試験

●ファッションビジネス能力検定

ファッションに関する造形的知識・技術から流通までの

技能を評価・証明するための検定試験

●パターンメーキング技術検定

パターン作成の技術・知識、ファッション知識についての

理解度や実技能力を評価する検定試験

 

スタイリストを目指すなら「かっこいい!」「オシャレ」

という表面的なイメージだけで捉えていては長続きしません。

 

特にはじめは修行期間。

雑用ばかりだと思っていたほうが良いでしょう。

 

スタイリストになるためには、ファンションが好きなことは

もちろんですが「スタイリストになりたい」という

揺るぎない強い気持ちを持ち続けるることがとても大切です。

 

頑張って素敵なスタイリストになってくださいね♪

 

 

関連キーワードはこちら

ショップスタッフ


スタイリストサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ