- 言葉で人と企業を結ぶ -

なたの資格取得を企業が応援してくれます
格取得補助がある会社を調査

日本の企業の8割以上が何らかの形で

社員の資格取得を援助しているというデータを目にしました。

 

業務を遂行するために必要な資格の取得を促すのももちろん、

他にもキャリアアップにつながる資格取得のために

会社が何かしらの援助や手当等の支給をしてくれているのです。

 

具体的にどのくらいの企業が、

どのような援助をしているか調べてみました。

 

・資格取得費用のみ支給 ・・・・・・・・・・・・・・・・・32.5%(約3社に1社)

・資格取得費用と祝金・奨励金を支給・・・・・・・18.9%

・資格取得費用と資格手当を支給・・・・・・・・・・14.5%

・資格取得に対して何も援助しない企業・・・・・13.6%

 

また昇進や昇格に当たり、

公的・民間資格取得を条件とするという企業も20%あることがわかりました。

 

能力主義が強まる中、それを示す基準の1つとして、

資格取得は不可欠です。

企業側としても取得支援に意欲的に取り組み、

人材育成や人材確保に力を注いでいるのですね。

 

働く側の私たちも、自己のキャリアアップを常に意識し、

企業に貢献できる人材を目指しましょう!


格の種類

資格を取得する時何を基準に挑戦しますか。

 

ある一つの専門分野の中にも、認定している機関がさまざまです。

 

例えば看護師を例えると、

正看護師は国が発行する資格であり、

准看護師は都道府県の発行する資格であったり、

もちろん難易度も違ってきます。

 

ここでは国家資格、公的資格、民間資格の違いをご紹介します。

 

■国家資格■

国が法律に基づいて、試験の実施、認定をする資格です。

例えば公認会計士の資格がないと企業の監査業務ができないなど、

独占的な業務が認められる資格が多い。

国家資格の中には試験に合格して得られるものと、

養成施設修了と同時に取得できる資格があります。

 

 

■公的資格■

国家資格に準ずる資格です。

公的機関と呼ばれる財団法人や社団法人が試験を行い、

所轄官庁や大臣、日本商工会議所が認定する資格が多い。

 

 

■民間資格■

業界の発展、向上を目的として民間の団体力、任意で与える資格です。

民間資格は現在、国家資格、公的資格をはるかに上回る数の資格が存在。

 

民間資格の中には広く社会に認知されている資格もありますが、

社会的信用度は資格によって様々なので、よく調べておく必要があります。

 

数多くある資格の中、

取得を目指す前にあなたが資格に求めるものはなんですか?

 

まずはなりたい自分をイメージし、それを実現するための手段として、

自分にあった資格を選びチャレンジしましょう!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


資格取得補助がある会社サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ