- 言葉で人と企業を結ぶ -

得で便利な「セルフ」使わない手はナイ!
なさん「セルフ」を活用していますか?

最近では、右を向いても左を向いても

「セルフ」「セルフ」「セルフ」

セルフのガソリンスタンドばかりではありませんか?

 

セルフの良さは、やっぱり価格の安さと少しの量でも

気兼ねなく給油できることですよね。

 

でも、超静電気女の私にとって自分で給油するなんて

『絶対ありえない!』怖くてできない…。

そんなことから給油は従業員さんがいる従来の

ガソリンスタンドに通い、お任せしていました。

 

しかしある時、最悪の事態に。

「ガソリンが超ヤバイ!」いつものスタンドまで

絶対もたない(泣)

絶体絶命の中、始めてのセルフ給油に挑戦することと

なったのは言うまでもありません…。

 

頼みの綱のスタッフさんは事務所でお客さんの対応中。

仕方なく一人でチャレンジしましたが、その時のことを

思い出しただけで恥ずかしくなります↓

(オロオロ、ぶつぶつ、キョロキョロ・・・)

 

みなさんの中にも怖いとか良くわからないという方も

いらっしゃると思いますので、私のようにならないよう

安全でスマートな給油の仕方を一緒にみていきましょう。


ざ!「セルフ」で給油しよう

セルフ式ガソリンスタンドで給油にチャレンジ!

この手順でスマート給油。

 

①車を止めよう

目当てのスタンドに着いたら、まずは車を給油レーン

に止めます。この時、給油口を給油庫側につけるのが

ポイントですが、間違えて逆に付けてしまっても

給油ホースは意外と長いから大丈夫。

 

②給油準備

エンジンを停止し、車外で操作するので鍵も抜きます。

ここで大事なのが「深呼吸」急いで外に出てアタフタ

しないように気持を落ち着けます。

 

③操作開始

給油機の操作法はガソリンスタンドによって異るので

操作説明をしっかり確認して行いましょう。

ガソリンの種類や給油量、支払い方法などを決めて

順番にパネルをタッチしていきます。

 

④給油口カバーを開く

車種によって位置や操作法は異なりますが、

大体、運転席下のレバーを引くと開きます。

と、ここでぜったい忘れてはいけないのが

「静電気除去シート」を触ること!

静電気の火花による火災を防止するために必ず

行いましょう。

 

⑤キャップを開く

給油口の中にあるキャップを手で開けます。

キャップ置があるのでそこにIN。

次は、いよいよ給油です。

 

⑥給油開始

再度油種を確認し、給油ノズルを持ち上げ給油口に

差し込みます。途中で外れないようしっかりと

奥まで入れてレバーを引けば給油開始!

 

⑦注入停止を確認

規定量が給油されると自動的に停止しますし、

満タンの場合も検知して停止してくれるので

安心ですよね♪

 

給油ノズルを元の位置に戻し、キャップを閉めます。

この時「カチカチッ」と音がするまでしっかり閉める

ことがポイント。後はカバーも忘れずに閉じましょう。

 

⑨精算

選択した支払い方法で精算し、無事完了!

 

いかがでしたか?

今まで敬遠してきた方もぜひ一度チャレンジください。


おまけ~

最初にタッチパネルの前に立ったら、まず操作パネル

にタッチしましょう。

(銀行のATMのように先に話しかけてくれるものだと

思ってパネルの前でしばらく立ちすくんでいた私…。)

 

思いも寄らないところで恥ずかしい思いをしましたが

今ではスマートに操作しています。

何事もまずは「やってみる」ことが大切ですよ♪

 

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


セルフ式ガソリンスタンドサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ