- 言葉で人と企業を結ぶ -

いレベルが求められるSEO対策
SEO対策って何??

 

 

SEOとは「Search Engine Optimization」の略のことを指します。これを日本語に和訳すれば、『検索エンジン最適化』となります。検索エンジンとは、GoogleやYahooなどの検索サイトを指します。そして最適化とは、『自分のブログやHPをなるべく上位にあげる工夫をすること』を指します。

 

10ページ目に表示されるサイトと1ページ目に表示されるサイトならば、明らかに1ページ目の方が見られる可能性が髙くサイトを広く認知させることができるため、数年前からこのSEO対策というものが普及し始めています。

 

●SEO対策の具体的な部分は?

 

・ひとつのキーワードを意識して文章内に多く入れる。

様々な手法がありますが、SEO対策で一番有効的なのが一つの単語を多く使用することです。1ページにはおおよそ6回以上を目安に使用するとよいでしょう。またサイト自体がどうやって検索結果が上位にあがっていくかといえば、検索エンジンを監視する検索ロボットがサイトを自動で監視・解析し、良質な記事、キーワード数、閲覧数など様々な要素を加味をしたうえで、検索ロボットが最適な検索順位を決めていくといったものです。その際検索ロボットは左側から文字を読み取るため、左側に最重要のキーワードを入れておくとよいです。

 

・ひとつのサイトのページ数を増やす

当たり前ですが、量においても充実させた方がいいです。あまりに内容が少なすぎると、キーワードをおおく入れることができないため、上位にあげづらくなります。

 

・相互リンクをする

自分のブログ・HPの他の記事、あるいは他の人の記事と相互リンクをすることによって、実際の閲覧数が加算され、それによってランキングが上がる可能性が増加します。ただ過度、無意味な相互リンクは信用性を欠く可能性があり、検索エンジンがはじく場合もあります。相互リンクで最も効果があるのが、影響力のあるサイト・ブログと相互リンクをすること。難易度は高いですが、ぐんと閲覧数が上がります。

 

●一番のSEOはブログの内容と継続期間

 

・内容が充実していることが大前提

SEO対策は、検索結果をあげるためのものというようにいわれていますが、実際は違います。このSEOという技術はあくまで服飾的なものでしかなく、本来大切なものは記事・サイトの内容や見やすさです。コンテンツや記事の内容がともなっていないままでいくらSEO対策をしても、飽きられてしまって読者の人が離れていきます。そのため、SEOだけ徹底させても、ほぼ効果はありません。

 

・継続期間がながければながいほど、上位にいく可能性が増える

これはただブログ・HPを継続していればいいというわけではなく、きちんと毎日怠らず更新ができているかということです。当たり前ですが。記事の更新をすればするほど、記事の数が増えてクリックされる絶対数が増えます。そして記事数が増えれば、相互リンクできる数も増えて、上位に表示される率が高くなるのです。見る人が検索するであろうキーワードをいれた記事をたくさん書くことで、目当ての人々に認知させることができます。それによってそのブログやHPの本来の目的である商品の購入やサービスの認知につなげることができるのです。

 

 

●SEO対策のやりすぎにはご注意を。

現在は技術が進歩し、キーワードを過度にいれる、文字を白くしてサイトの端に埋め込む、画像の下にキーワードの文字をびっしりいれておくなどといった行為は検索エンジンからはじかれてしまいます。また最近では倫理上よくないサイト、例えばアフィリエイト宣伝サイトや性風俗系のサイトなどは、検索ロボットがはじきます。最悪の場合、サーバー側から予告なく削除されるというケースも増えています。人間の欲求に直結したものなどはキーワードの選定が重要で、怪しいサイトと認識されてしまう可能性があります。そのため注意が必要です。


SEO対策サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ