- 言葉で人と企業を結ぶ -

責任感」…アナタにありますか?
なたは責任感が強い方ですか?

 

■責任感とは

 

人には自分のした言動に対して責任を持つというのが一般的。

責任とはつまり、立場上負う義務や結果に対して責めを負うということです。

 

また、仕事をする上で、どのような立場の人にでも求められるのが責任感。

役職に応じた責任感は、ビジネスにおいて最も重要視され、

人事管理においては特に目を光らせるところでもあります。

 

真面目で責任感の強い人の考え方は「〇〇しなければならない」という

意識が強く、一人で抱え込んでしまいがちです。

 

そして、自分の仕事だけでなく同僚や自分が所属している部署、

プロジェクトチーム内での仕事に対しても、強い責任を感じます。

 

ですので、責任感があるということはとても素晴らしいことですが、

強い責任感が大きな疲労やストレスを招くこともあるので注意しましょう。


任感の強い人こそ少しだけ「適当」に!

■責任感でつぶれてしまう前に

 

対処法としては、ある程度『適当にする』ということ。

あまりにも適当な態度をしては人生が崩壊するかもしれませんので、

少しだけ気持ちを適当にするということです。

 

そのためにはまず現実を知りましょう。

例えば、仕事などであなた一人が頑張ったところで何も変わりません。

同じくらいの給与をもらっている人で適当な人はたくさんいます。

 

ですので、まずは疲れた時に少し手を抜くことをオススメします。

手を抜く事を覚えるとストレスが溜まりにくくなり、精神的な辛さが減ります。

疲れないようにうまく手を抜いて、調整することが重要なのです。


なたは大丈夫?仕事ができない人チェック!

仕事ができない人の行動や特徴を知ることで自分自身を見つめなおす事ができます。

代表的なものをあげましたので、当てはまらないかチェックし改善に繋げましょう!

 

▼メモをとらない

同じことを何度も聞くのも先輩をイラつかせるそうです。

メモを取っている姿勢を見せることも重要!

 

▼言い訳が達者

自分は悪くないと主張するより、非をしっかり認めて謝ることも仕事です。

同じ過ちを繰り返さないように努めましょう!

 

▼知ったかぶりをする

素直にどこでつまずいているかを説明しましょう。

素直さはその人自身を成長させます。

 

▼常に急がしそうにしてる

忙しそうなフリですね。このタイプの人は会社に必ずいます。

仕事の順序を考えて、落ち着いて行動しましょう。

 

▼整理整頓ができない

散らかっていると、頭のなかの整理もできず仕事もうまく片付けられません。

机やPCのデスクトップはキレイに使いやすくしておきましょう。

 

▼時間管理ができない

基本的に、すべてがギリギリ。だから余裕がないのです。

「いついつまでに終わります」と予め自分に釘をうち、管理しましょう。

 

▼小さな仕事を甘く見る

小さいことも丁寧にこなせる人が仕事のできる人です。

ベースとなる地道な仕事こそ、しっかりと確認しながら進めましょう!

 

▼先を考えて行動ができない

目先の事しか考えてない人は、後々トラブルや大失態に繋がるケースが多い。

自分は何をすべきかを予測して動きましょう。

 

▼自分ができると勘違いしている

自信を持つことは大切ですが、自分を過大評価し、単純な仕事を軽視してしまう傾向も。

「自分はできる人間だ」と思った時点で成長は止まりますよ。

 

どうせ仕事をするのなら「デキる人」でいたいもの。

バリバリとまではいかなくても、せめて「この人…仕事できないな」と

周囲に嘆かれない程度でいたいものですよね(笑)

 

関連キーワードはこちら

 


責任感の強さサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ