生産管理の仕事 > 生産管理の関連業務

- 言葉で人と企業を結ぶ -

産管理の関連業務
  
生産管理に役立つ知識その1

これまでご紹介したように、生産管理の仕事は実に多くのフィールドを理解していないといけないということです。ここでは、知っていることでさらに仕事がやりやすくなることや関係する部署についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

商品を生産する計画をマネッジするのが、生産管理の仕事なのですから、当然需要予測が必要になってきます。

そのため、マーケティング関連の部署と連携がうまくとれると仕事がぐっとやりやすくなるでしょう。もちろんある程度マーケティングの基礎知識を習得すれば、自分の業務にも厚みがでるでしょう。

商品の売れ行きや、市場のニーズなどの情報の前線にいるのはマーケティング関連の部署ですから、コミニケーションを良く取るように心がけるといいでしょう。

どの製品をいつ作るのかについてどうしても優先順位が出てきてしまうものです。商業的な簡単からも正しく判断を下すためにも、マーケティングの基礎知識があるば理解や判断の制度も高まるはずです。また、今後の新商品についての知識も必要であるためこの観点からもマーケティングの知識が役に立ちます。

次に、商品を開発する部門との連携も重要です。商品開発部が、研究部などになるでしょうか。新商品の構成をしることは生産管理の仕事をしていく中で知っているとこれも資することが多いでしょう。

カネモク工業株式会社

未経験OKでアクティブワークの営業及び生産業務管理スタッフ募集   【正社員】   勤務地 【新...

  
生産管理に役立つ知識その2

 

それでは、生産管理の仕事に役立つもう一つの知識についてご紹介したいとおもいます。

少しふれてしまいましたが、製品を作るにはいろいろなベースになるものが必要になります。原料であったり、資材であったり、その中からさらに細かく分類されていきます。

材料、入れ物、梱包資材ですがこれが無数にたくさんの種類を使わなければならずその管理は大変です。

そして、これを購入する部署が購買部であったり、購買担当者なのです。当然、生産管理の仕事にかかわってくるので、先ほどのマーケティングと同じく重要になってきます。

購買のタイミングや、リードタイムの知識が増えることで生産管理もずいぶんやりやすくなるはずです。購買担当者との連携も頻繁にとるように心がけましょう。

購買の仕事も、かなり生産管理と似ている部分があるので、お互いにサポートし合える関係が構築できれば好ましいでしょう。

もちろん、実際に製造する工場関係者との連携も当然重要です。生産に関する知識がある程度ある人間を配置することが多いのもそのためです。

もともとカバーしたり、知っていないといけない幅が非常に大きいのが生産管理の仕事の特徴の一つかもしれません。難しい所ばかり強調したように感じるかもしれませんが、それほど重要なポジションという認識も持っていただければ幸いです。

生産管理サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一覧もご覧下さい。

このページのトップへ