- 言葉で人と企業を結ぶ -

々な人と関わりながら、高い品質と低コストを追求していきます
要な役割のある職業

「生産技術職」という職種。

関わったことがない人には、仕事の内容が想像しづらいですね。

 

実は、大半の製造会社に、存在するとても重要なポジション。

なぜ重要かというと、常に効率的な生産コストと利益を考えているからです。

 

どんな商品でも、新しく作る場合、開発者がアイデアを出し、商品化していきます。

開発者の仕事は、簡単に言うと、売れる商品を作りだすこと。

ただ、どうやって生産し、供給していくかまでは彼らの専門外。

 

いくら良い商品が出来上がっても、それを大量に生産し、

安定に供給できる環境がなければ、会社の利益には繋がりません。

 

そこで、生産技術職の出番です。

主な業務は、商品を生産する上で、高い品質を保ちながら、

如何に効率良く低コストで生産するか考え、

その生産方法を作り上げること。

 

商品の企画時点から参加し、様々な部署と関わりながら、

生産ラインを構築していきます。

 

また、生産が始まってからも、現場の声を聞き、

環境を改善していくことも大切な仕事の一つ。

常に現場に行って、問題点がないか状況を把握し、

更なる効率アップを図ります。

 


ずは現場を知ろう!

生産技術職では、様々なことを知り、対応できるようにしなければなりません。

そのため、入社後はまず現場スタートという企業も多いようです。

 

現場では何が出来ないのか、どこを改善していったら効率が上がるのか、

そういったことが理解できていないと、自分では理想的な生産ラインが出来上がったと思っても、

使いづらい、効率良い生産ができないラインになってしまいます。

 

また、生産技術職の仕事の中で、「改善」も大切な仕事。

現場と良好なコミュニケーションをとれる環境を作っておくことで、

作業もスムーズに進んでいきます。

 

「不良品が出なくなったよ」

「機械が止まらなくなった」など現場の生の声を聞くことが

この仕事をしていて、良かったと思える嬉しい瞬間。

現場の人と仲良くなっておけば、そんな声が届きやすい利点もあります。

 


任は大きい、でもその分何ものにも代え難い「達成感」がある

生産技術職は、「品質」と「コスト」相反するものを両立させる難しさと

面白さがあります。

 

どんな仕事でも失敗はつきものですが、

生産技術職は、小さなミスも大問題に発展することがある、

責任の大きい仕事。

 

例えば、導入する製造機械のサイズを少し間違え、

現場に機械を設置することができず、発注をすべてやり直すなど、

自分のミスが会社に大きな損害を与えることもあります。

 

ただ、そこを乗り越え、ラインが完成し、生産にたどりついた時には、

大きな達成感や感動を得ることができます。

 

また、商品の企画時点から関わっていくので、

様々な人と出会えるのも、この仕事の楽しさ。

出会いや経験の一つひとつが財産となり、

自身の成長へと繋がっていく、そんな魅力的な職業です。

 

関連キーワードはこちら


生産技術職サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ