- 言葉で人と企業を結ぶ -

SEのお仕事内容とスキル
SEって何をやるの?

SEいわゆるシステムエンジニアのお仕事って何をやるの?
SEの仕事内容って、一体なにをしているか全く理解できない。
分からないって方は、情報関係の仕事をしていないとあまり聞かない職業であり、
何をしているのか分かりませんよね。

 

そもそもプログラミングとかって専門的な仕事で、
素人には全く無関係のお仕事内容で理解出来ないのは当たり前です。

これは、ちゃんと説明をしないとSEのお仕事は理解できないジャンルの話です。

SEとは何かをここでは説明をして、
SEに興味を持っていただければ、
あなたはSEの仕事に興味が湧くかもしれませんね!

 

●SEとは何
SEシステムエンジニアは、こういう物があったら便利だろうな~とか、こんな物があればもっと有効的に尚且つ簡単に出来ていいのではないか、、、
と言ったように、ユーザーがより良く効率的に快適に希望を現実に使いやすくしてくれるコンピューターを使って実現する仕事であります。

SEは、簡単に分かりやすく言えば、
お客様からの希望のお家をこんな風に建てたいと言われてオーダーを受けて設計をする工務店と言った方が分かりやすいでしょうか。
もっと簡単に言えば、お客様からの要望に応えてあげるサービス業のお仕事とでも言った方が分かりやすいでしょう。

しかし、個人の家を建てると言った少数の規模の仕事ではなく、
大きな企業の中で貢献をする仕事となっているのが、
SEのお仕事であります。

 

●SEのお仕事の流れ
ザッと分かりやすくSEのお仕事の流れを説明すると、
お仕事依頼

分析

設計

実装

納品

このように順を追って仕事内容の流れとなっております。

まずはじめに、要望する内容の分析をすることが一番の基礎になっています。
お客様が何に困っているのか、何をやりたいのか、問題点を解消して効率良く作業が出来るのかといった、
お客様の希望している問題している難題に応えてあげるのがSEの仕事であります。

 

もちろん、予算の関係上、希望のものが出来ないといった問題も出てくるのかもしれませんが、
予算内でお客様のニーズにあったものを作ることもSEのお仕事になってきます。

 

お客様と念入りな打ち合わせと、お客様の希望にあったものを作ることがSEの仕事の内容の中で一番難しいとされていることかもしれません。

 

そして、お客様との入念な打ち合わせを終えたら、
次は設計に入ります。
工務店で言えば、この設計をしなければ大工さんたちは家を建てることはできなくなってしまう重要ポイント。
システム開発にとって、この設計の部分を考えていかなければ、次の段階の実装と言われる部分は、
構築部分で大工さんいわゆるプログラマーさんに構築を頼めなくなります。

 

このプログラミングが一番難しいのか。。。と思う人も多いかもしれませんが、
家の建築をしている課程と同じように説明をしてみると、
意外とこの構築部分は難しくないのであります。

 

お客様の希望と分析のヒアリングと設計部分の基礎が一番難しいとされるのがこのSEの仕事でもあります。

 

次にプログラマーから上がってきた部分をここで言えば建築から部品が欠品していないかとか、
家の部分で欠陥がないのかと言った試験をする作業、
テスト作業に入ります。
家も実際住んでみたら欠陥があったなどとならないように、ここではしっかりと欠陥がないかを入念にテストしていきます。
そして最終段階では、
最初に戻りお客様の要望とニーズにあったものが構築され実装出来ているかを何度もテストします。
この作業でミスがあれば、また修正をするといった作業を繰り返しします。

 

そして、テストを終えてようやくお客様に納品となる過程になるのであります。
SEの仕事にとって一番充実を感じる瞬間は、
お客様が便利になったよと喜んでくれる姿が
SEにとっては一番感動する部分でもありますよね。

 

関連キーワードはこちら
ITエンジニア
チームワーク
・・・もっと見る


SE 仕事内容サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ