- 言葉で人と企業を結ぶ -

ずれお世話になる可能性がある?
護老人福祉施設とは…

 

寝たきり状態など、介護を必要とする重度の要介護者が、少ない費用負担で長期入所できる施設です。

特別養護老人ホーム(別称:特養)とも呼ばれています。

 

介護老人福祉施設のメリット

 

長期入所が可能

レクリエーションが充実している

利用料が安い

入居一時金が必要ない

 

デメリット

 

医学管理下のケアは限定的

多床室が多い

回復期リハビリテーションは少ない

入居難易度が高い


設職員の一日

一概には言えませんが日勤での業務はこんな感じです。

 

◇ 朝食後の排泄介助(オムツ交換)

 

◆ 入所・退所の利用者様の荷物片付けとベッドシーツ交換。

 

◇ 朝の水分補給と利用者の状態チェック。

 

◆ 日勤リーダーからの利用者様の申し送り。

 

◇ 集団リハビリ体操(個別ケア)

 

◆ 昼食前の、お茶・おしぼり配り。

 

◇ 体調不良などでベッド臥床してる方の起床介助。

 

◆ 昼食の配膳(食事介助)口腔体操。

 

※ 11時30分~12時30分休憩。

 

◇ 昼食後の排泄介助(オムツ交換)

 

◆ 入浴介助(洗身介助・着脱介助)

 

◇ オヤツ配膳(オヤツ介助)口腔体操。

 

◆ オヤツ後の定時排泄介助。

 

◇ 利用者様とのコミュニケーションと午後からのリハビリ。

 

◆ 居室カーテン閉め、入浴後の着替え返却、居室内のチェック。

 

◇ 夕食前の、お茶、おしぼり配り。口腔体操。

 

◆ 夕食介助(食事介助)

 

施設内でのお仕事はまだまだありますが、利用者さんの笑顔に癒され、

やりがいを感じるお仕事です。

 


護職に求められるスキル・資質って何だろう。

※コミュニケーション力

※冷静な判断力

※協調性

※体力

※忍耐力

※思いやりをもって介護をできる人

※向上心と探究心のある人

(危険を察知するアンテナをもって素早い状況判断が必要になる。)

 

介護福祉士は、身体の不自由な人の生活を支える仕事なので、

何よりもまず「人のお世話をすることが好き」であることが絶対条件です。

その上で、豊かな人間性と幅広い教養を備え、高齢者や障がい者に対して

思いやりをもって接することができる人に向いている職です。

 

介護の現場では、専門知識や介護テクニックはもちろんのこと、利用者や

その家族の気持ちを汲み取る力、コミュニケーションスキルは欠かせません。

精神的ケアにおいて心がけなければいけないのは、常に人権尊重の視点に

立ち、細やかな心配りをしながら、誠意をもって対応すること。

そして、様々な問題に対して冷静かつ臨機応変に対処し、適切な助言・指導を行うこと。

 

たとえば認知症の高齢者などのお世話をする場合や、施設などで複数の人を同時に

ケアしなければならない状況では、突発的なアクシデントも少なくありません。

そのため現場では、常に危険を察知できるアンテナをもち、素早く状況判断をして

行動できる人が求められます。

 

介護とは、様々な人が協力し合って初めて成り立つもの。

介護の対象となる当事者だけでなく、ほかの介護スタッフや外部機関との連携においても

コミュニケーションは重要な要素です。

自分の意志を強くもちながらも、調和を重んじて協働ができる、

協調性のある人に適性があるといえるでしょう。

 

 

関連キーワードはこちら


介護老人福祉施設サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ