- 言葉で人と企業を結ぶ -

ハビリテーションの専門職
学療法士は動作の専門家

理学療法士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下、

治療体操や運動、マッサージ・電気刺激・温熱などの物理的手段を用いて、

運動機能の回復を目的とした治療法、物理療法(理学療法)を行う人のことです。

“physical therapist(フィジカルセラピスト)=PT”とも呼ばれています。

 

病気や事故により何らかの障害をおった人が、

日常生活に必要な身体機能を回復する為のサポートをする動作の専門家です。

 

具体的には手足の関節の動きを良くしたり、筋力を回復させたりする 「運動療法」

温熱、電気光線などの物理的な刺激を用いて、 痛みの軽減などの治療を行う「物理療法」

その他日常の動作が円滑に行える様、その動作を繰り返し練習する「日常生活活動訓練」

それに加え車椅子や杖などの使用に関する助言なども行います。

 

一般的には医療機関や福祉関連施設で活躍するというのが主流ですが、

最近では他の医療職の人と同じように、病院から一時的に福祉施設に行き、

その施設の利用者の様子を診ていくというような福祉の場面での活躍も多くなりました。

 

また施設に勤めて、そこから近隣へ足を運ぶ訪問リハビリを積極的に行なうケースも増えてきました。

 

それ以外にも、プロスポーツ選手やアスリートまで、

理学療法を必要としている方は多岐にわたる為、多方面での活躍が期待されています。


がる活躍の場

●医療分野

◎ 大学病院 ◎ 総合病院 ◎ クリニック など

 

●福祉分野

◎ 介護老人保健施設 ◎ 訪問リハビリ ◎ 介護老人施設 など

 

●スポーツ分野

◎ プロスポーツ ◎ 実業団・大学・高校のクラブ ◎ スポーツ関連企業 ◎ 施設

 

●子供分野

◎ 総合病院のリハビリテーションセンター(小児リハビリ)

◎ 小児専門病院

◎ 児童福祉施設(肢体不自由児、重症心身障害児各施設)

 

●教育分野

◎ 理学療法士養成校(専門学校、短大、大学など)

◎ 特別支援学校(養護学校など)

 

注目されている職業なので社会的にもしっかりとした地位が確立されています。

理学療法の対象となる方も、子どもからお年寄り、そしてプロスポーツ選手と幅広く、

高齢化が進むこれからの時代は特に、理学療法士の多方面での活躍が期待されています。

 


学療法士として働く魅力

理学療法士にとって嬉しい瞬間。

それは目の前の患者様が歩けるようになり、家族の待つ家庭に帰ることができた時。

ほんの些細な一言がその人の生活の質を良い方向に導くことができた時など様々。

 

何気ない動作に目を向け分析することにより問題解決の突破口を見つけ、

患者様と一緒に歩んでいると実感できるのが最大の魅力ではないでしょうか。

 

また人との交流を通して、様々な価値観と出会い、多くのことを吸収し、

多様な場面に対応できる自分に成長できることも大きな魅力です。

 

患者様やリハビリを受ける人にとって、

本当に必要なことは何かを医療現場の仲間と共に真剣に考えながら、

患者様の気持ちや思いに応えられるやりがいのあるお仕事です。

 

関連キーワードはこちら

作業療法士

…もっと見る

 


理学療法士サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ