- 言葉で人と企業を結ぶ -

ーフォームとは「作り直す」の意!
フォームとリノベーションの違い

■リフォームとリノベーションの違い

最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉。

「リフォーム」と同じ意味で使っている方もいらっしゃる

と思いますが、実は大きな差があるのです。

 

では、混同しやすいリフォームとリノベーションの違い

などについてご紹介しましょう。

 

●リフォームとは

老朽化した建物を新築の状態に戻すこと。

 

マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための

機能回復という意味合いとして使われることが多く、

例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、

壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

 

●リノベーションとは

既存の建物に大規模な工事を行うこと。

それにより、性能を新築の状態よりも向上させたり、

価値を高めたりすることを言い、機能回復プラスαで

新たな機能や価値を向上させることを意味します。

 

よりデザイン性の高いものに改良したり、

住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装を

変更することなどが含まれます。

 

例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修や

仕切りの壁をなくし、リビングダイニングキッチンに

することなどが「リノベーション」に該当します。

 

現在、リノベーションとリフォームの使い分けは

非常に曖昧になりつつありますが、

主に“工事の規模”と“住まいの性能”の

2つの違いがあることを覚えておきましょう。

 

●工事の規模

システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の

貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に

分類され、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の

変更などの大規模な工事は「リノベーション」に分類。

 

●住まいの性能

新築の時と同等かそれ以下の性能になる工事は「リフォーム」

新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に

分類されます。


になる「バリアフリーリフォーム」

■リフォームといえば「バリアフリー」

 

日常生活の中で「ここがこうだったら使いやすいのになぁ」

なんて、思ったことはありませんか?

 

道路のデコボコやお店の階段など、特に高齢者や障がい者、

小さなお子さん、ベビーカーを押したお母さんなどにとっては

ジャマになるものがたくさんあります。

 

それをなくすことを「バリアフリー」といいます。

 

以前は、自分たちが環境に合わせて生活していましたが、

今では環境に自分たちが合わせていくようになりました。

 

また、バリアフリー住宅とは障害物のない家という意味で、

車椅子や松葉杖でも自由に動き回れる住まいを指します。

 

一口にバリアフリーリフォームと言っても、床の段差の

解消や手すりの取り付け、ドアを引き戸にするなどの

小さなリフォームから、廊下を広げるような大掛かりな

リフォームまで様々で費用も結構かかります。

 

ですので、リフォームをする前にそれが本当に必要な工事

なのかをよく考えてみましょう。

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


リフォーム工事サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ