- 言葉で人と企業を結ぶ -

級リゾートは、やっぱり魅力満載!
ゾート

リゾート(resort)とは、

▼大勢の人が休暇・余暇を過ごす場所

▼行楽地

 

本来は行楽地全般のことを指しますが、

「風光明媚で、のんびりとリラックス出来る場所」

という意味合いが付加されることもあります。

 

また、整備された比較的大きな敷地や多様な付帯施設を有する

ホテルに対する名称や分類として使われることも。

 

 

リゾートには様々な形態がありますが、

その運営の仕方により、2つのタイプに分けられます。

 

まず1つは、そのリゾートの大半が地元企業によって営まれているケース。

アメリカのコロラド州の『アスペン』がその例です。

 

そしてもう1つは、そこに滞在中のほとんどの楽しみが1つの企業によって提供されるもの。

代表なのは、『ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート』です。

 

また、古代の最も有名なリゾートは、

およそ2000年前のイタリアの『バイアエ (Baiae)』 であるとされています。


界のリゾートホテル☆人気ランキング☆

海外旅行の楽しみは、美味しいご飯にキレイな景色。

そして、そこでしか買えないお土産や、癒しの時間などさまざま。

だからこそ、こだわりたいのが拠点となるホテル選びなのではないでしょうか。

 

■そこで、世界のリゾートホテルランキング!

 

第1位:トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォーク(ハワイ)

第2位:アウトリガー・グアム・リゾート(グアム)

第3位:マリーナベイサンズ(シンガポール)

第4位:アヤナリゾート&スパ バリ(バリ島)

第5位:シェラトン・ワイキキ・ホテル(ハワイ)

(「旅工房」が発表した「2014年人気 5ツ星ホテルランキング」より)


目の地上200メートルにある『インフィニティプール』

この中で、私が注目したのが、第3位の「マリーナベイサンズ」

今、シンガポールといえば、このホテルを思い浮かべる方も多いハズ。

 

3つのホテルタワーの上に巨大な船が乗っているかのような

ユニークなデザインが特徴の総客室数2560の巨大ホテルです。

 

客室にはデラックスルーム、プレミアルーム、クラブルームなどのカテゴリがありますが、

お薦めしたいのは35~49階のクラブルーム。

 

高層階が指定されているため、眺望が抜群です。

穏やかなベージュ色で統一された室内はゆったりした造りで、贅沢なひとときを味わえます。

 

そして、マリーナ・ベイ・サンズの最大のウリは最上階57階にある『インフィニティプール』

地上200メートルという、世界で1番高い位置にあるプールとしても有名です。

 

ホテルの宿泊客のみ利用可能で、シンガポールの雄大な景色を見下ろしながら、

空を泳いでいるような感覚に浸ることができるのです。

 

絶対、体感したい!

時間とお金があれば、今スグにでも飛んで行きたい気持です。

誰か私を連れて行ってくれませんか…!?

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


リゾートサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ