- 言葉で人と企業を結ぶ -

を込めて…心も磨く
イツ人から学ぶ掃除のコツと心得

日本は世界の中でも「トイレが清潔」「道が綺麗」「ゴミが落ちていない」等の清潔さを絶賛されている。

その一方で、

一歩家の中に入ると「汚い」「狭い家を更に狭くする物の量」「色も雑多でごちゃごちゃ」

などと言われているのをご存知でしたか?

 

そんな日本人に対し、家の中の掃除を大切にしている言われるドイツ人。

ドイツでは「整理整頓は人生の半分」

これが出来ない人間は仕事も自己管理もいい加減になるという教訓がある位、

掃除に対して徹底した風習があるようです。

 

言われてみれば日本でもおなじみの「激落ちくん」や、

「万能掃除機ケルヒャー」も確かにドイツで産まれの優れた商品でしたよね。

 

そんなドイツ人から聞いた掃除の極意、心得をご紹介します。

 

①安易な気持ちで家具を買わない。

②物の定位置を決める。

③使ったものはその日のうちに綺麗にするから大掃除はしない。

④毎日15分の掃除を予定に組み込む

⑤エコ意識を持ち、一度購入したものは修理しながら壊れるまで使う。

 

日本人の気質と似ていると言われているドイツ人ですが、

掃除に対しての地道な姿勢が素晴らしいですね。

 

見習えるとことは見習って掃除スキルを磨きませんか!

 

 


清掃はやさしさ」

先日テレビで掃除のプロフェッショナルと言われる女性が紹介されていました。

 

彼女は、世界一清潔な空港第1位に2年連続で輝いた羽田空港のすご腕女性清掃員。

全国ビルクリーニング技能大会に出場し、最年少日本一に輝いた経歴の持ち主でもあります。

 

「ただ使う人のために、心を込めて、当たり前の日常を提供する!」とうい思いを持ち続け、

彼女の一日がスタートする。

 

通勤時にはエスカレーターを使わず50階の階段を駆け上り、

職場に着くと鉄アレイを持ち、20分以上の体力作りを始める。

 

そしていよいよ掃除開始。

 

なんと使い分ける洗剤は80種以上。

綺麗にするからにはその材質を見極め、

本来の姿以上のものに磨き上げるというこだわりがある。

 

どこまでも使う人のことを考え、

心を込めることにより、いろいろなことに気付くことが出来るという。

 

掃除はおもてなし。

誰が掃除したなんてことは関係ない。

ただ自分達が誇れる仕事をしていれば…

 

そう語り後輩達の指導にも当たっている。

 

彼女が教えてくれた仕事の流儀。

それは私にとっても、仕事に向き合う時の大切な指針になりました。

 


日本掃除能力検定」ご存知でしたか?

「日本掃除能力検定」 略して「掃検」

 

掃除能力を測定する技能検定です。

掃除を知識の上で認識するのみでなく、実技試験を通して掃除技術を習得できるのだそう。

 

年齢に関係なく学べる身近な学習対象であるため、

6歳から100歳までの幅広い年齢層の方々が掃検に挑戦されているようです。

 

初歩的な知識を学ぶパーソナルコースから、掃除テクノロジー全般について

特殊な掃除の知識と技術を習得するアカデミーコースまで5段階のレベル分かれている。

 

掃除という作業は身近でありながら幅広い職種で求められる技能であり、

この検定を所持することによって就職や転職などの際、大きな意味を持つと言われています。

 

あなたも是非チャレンジしてみてはいかがですか!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


プロの掃除スキルサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ