- 言葉で人と企業を結ぶ -

本情報
険薬剤師の基本

大学で6年制薬学部(2005年以前の入学者については4年制)の正規の課程を修めて卒業し、薬剤師国家試験に合格すれば、「薬剤師」の免許を得ることができます。

薬剤師として行える業務はいくつもありますが、その中でも「調剤」は最も基本的な業務です。

この「調剤」という業務で多くの方が連想されるのは、「調剤薬局」ではないでしょうか。

この「調剤薬局」での「調剤」には日本の場合、ほぼ必ず「保険薬剤師」としての登録が必要です。

 

日本では国民健康保険などの保険制度によって、ほとんどの国民が医療保険を利用しています。

この医療保険を取り扱うためには、医療機関・医療従事者が保険の認定を受けなければなりません。

この保険を扱うための認定を受けた薬剤師が保険薬剤師です。

 

保険薬剤師でなければ、保険医療機関から発行された処方箋をもとに調剤を行うことができませんし、保険業務を行うこともできません。

薬剤師としての仕事をされる方は調剤薬局に就職する方が多いと思いますので、「保険薬剤師」の登録を忘れずに行いましょう。

保健薬剤師に登録するためには、勤務する調剤薬局の管轄の地方厚生局で手続きを行います。登録手続きは書類上での手続きが必要で、特に費用はかかりません。

また、保険薬剤師としての研修の履修が必要です。


保険薬剤師サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。

このページのトップへ