- 言葉で人と企業を結ぶ -

職で年収アップ?
収アップの実態

年収とは一般的に「一年間の収入合計」のことで、社会保険料や税金などが引かれる前の「総支給額」のことをいいます。

源泉徴収票を見ると自分の年収が分かります。

 

誰もが望む年収アップですが、不況と言われる中簡単ではないのが現実ですよね。

 

もちろん給与をアップする一番の早道は自分が出世することです!

後は会社が成長するか、高待遇の会社に転職をするかでしょう。

 

そこで転職支援サービスで実際転職した方のデータを分析してみました。

 

●年収アップ額でみると…

実力の差が表れ始める20代後半で転職して年収アップを果たす方が多い。

着実にスキルを磨き経験を積んできかかどうかの差が開き始める為。

 

●平均アップ率でみると…

25〜29歳全体での平均アップ額が52万円であるのに対して、30歳以上の転職者は58万円。

30代以降の方が上昇傾向があるようです。

 

●女性と男性の差は?

平均年収の水準が違う為、年収や転職時の年収アップ額・金額アップ率に大きな差がありますが、

これは結婚や出産などを機に、キャリアチェンジせざるを得ない女性が多い為であるのが明確です。

今後は女性の活躍の場が増えることなどから、この差が縮まってくることが予想されています。

 


後年収アップを狙い転職を考えているなら専門スキルを身につけて挑むべし!

転職する際にどんな人材が求められているのでしょう?

ある転職コンサルタントが行ったアンケート結果をみてみると、

業界知識やリーダーシップ力というよりも、専門スキルをもった人材の評価がダントツ首位でした。

 

そこで評価される専門スキルは何か?

「年収が上がる業種」を調査してみました。(エン・ジャパン「転職後の年収アンケート調査」より)

また具体的な職種をいくつかあげてみました。

 

1位 IT・インターネット

2位 メーカー

3位 コンサルティング

4位 メディカル

5位 建設・不動産

6位 金融

7位 商社

 

☆ ITコンサルタント

ITエンジニアの上位職種として人気が高い

主な仕事はクライアントの経営戦略に基づいたシステムの企画・提案など。

 

☆ データサイエンティスト

統計学、コンピュータサイエンス、データ分析を駆使して、膨大なデータを構造化しながら整理し、

データを活用したアクションを起こすために必要な情報となるように、

解析結果を導き出す。

 

☆ 経営企画・事業企画職・マーケティング職

ビジネスモデルの転換や新規事業の立ち上げを行った大企業の事業企画の経験者のニーズが高い。

特に成長企業では不足している。

 

☆法務職

日本の大企業を中心に法務専門部署を拡充する動きが広がっている為、将来も有望視されている。

 

☆建築施工管理技師

東京オリンピックに向けて、施行管理のスペシャリストはまだまだ不足している。

 


入アップや転職に有利な資格ベスト5

上記の例より少し手軽に収入アップを見込める手段はないものか?…となると思いつくのが「資格」。

そこで年収アップが見込めそうな資格をご紹介します。

 

1 TOEIC・TOEFL

2 簿記1級

3 基本情報技術者試験

4 宅地建物取引主任者

5 弁理士

 

資格によっては、短期独学で取得できるものもあります。

だだし、どの職業も経験を重ねた上での能力が給与に影響をおよぼす為、

資格を保持しているだけで年収アップは叶いません。

 

年収アップの為に、あなたがどのようなキャリアや経験を持ち、それを転職先の企業で活かし、

どのように貢献できるのか提示できるよう、準備を整えてアピールすることをお勧めします。

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 

 


年収アップサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ