- 言葉で人と企業を結ぶ -

急募」ならスグ採用される?
いではいるけど、誰でもいい訳ではない

 

世の中に出ている求人の中で、「急募」と見出しにでているものをよく見かけませんか?

単純に漢字の意味からとると、急いで募集をかけているんだなという印象を受けます。

仕事をしていく上で欠かせないポジションに欠員が生じ、

早く新しい人材が欲しいという企業側の気持ちを簡単に表現した2文字です。

 

中には「急募」と出ている求人は採用されやすいと思っている方もいるのでは。

残念ながら、それは間違いです。

企業側は急いでいても「誰でもいい」という訳ではないのです。

条件にあった方をなるべく早く採用したいというだけ。

 

だから、「急募」と出ていても、採用する人が見つからない限り、

長い期間求人が出ていることもあるのです。

 

決まったら実際に働くまでの期間は短くても、

”スグ採用します”ということではありません。

 


職中でも「急募」求人に挑戦しよう!

求職活動をしている方で、在職中という方もいらっしゃるでしょう。

なるべく、無職の期間を少なくするためには、仕方がないことです。

退職するには、1ヶ月前に退職願いを出すことが一般的。

あなたが次の仕事に就くには最低1ヶ月の時間が必要です。

 

そんな方が求職活動をしていく中で「急募」と書かれた求人に、

求めている職種があったら、どうしていますか?

 

「急いで募集しているなら、無理かな。」

「まだ今の会社に退職願を出してないし。」

と考え、諦めますか?

 

前項でも述べた通り、企業側は早く人材が欲しいけれど、

誰でもいい訳ではありません。

あなたの経験やスキルが仕事に活かせるものであれば、

待ってくれる可能性もあるのです。

 

「そんなこと求人見ただけじゃわからない」

という方がいるかもしれません。

わからないことは当たり前ですが、聞いてみましょう。

 

正直に現在の状況をお伝えし、採用の見込みを確認します。

もちろん、あなたの経験やスキルをアピールすることもお忘れなく。


退職までのスケジュールを計算しておきましょう

さて、問い合わせてみたところ、逆に企業側から

「いつからなら働けるの?」

と聞かれてしまうこともあります。

 

そんな時に、

「まだ退職願を出していないので、はっきりとは…」

なんて、モジモジしていては、

せっかく企業側が採用しようと思ってくれた気持ちも萎んでしまいます。

 

しっかり答えられるよう、下準備をしておきましょう。

・いつ退職願を出せるのか

・今の業務の引継ぎの時間

・退職後新しい職に就く準備の時間

などを見極めて、いつ新しい職場で働けるのか計算します。

 

採用された後で、

「やっぱり、もうちょっと待ってください」とならないよう、

○月○日から働けます!と言い切らず、

「在職中で退職の手続きのため、○週間ほどお時間頂きたい」

と伝えておけば、企業側にも考慮してしてもらい易いかも。

 

また、現在の仕事を大切にしている姿勢が、

転職時に好印象を与える事もあります。

「すぐ辞められます!」といったいい加減な言葉は

悪い印象を持たれる事がありますので、気をつけてください。

 

今すぐ働きたい方も、在職中の方も

「急募」の文字に惑わされず、じっくりその求人を見てみましょう。

あなたを活かせる場所がそこにあるかもしれません。

 

関連キーワードはこちら


急募の意味サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ