- 言葉で人と企業を結ぶ -

んたんにサクッとまとめ。基礎から将来性について
りにあるもの=CADで設計?

“物をつくる、家やビルなどを建てる”

 

そのほか、何かをつくる前には計画を立て、

必ず図面を引かなければいけません。

 

昔は“ドラフター”という製図のための台を使って

手で描くのが一般的でしたが、

正確な図の作成のためには熟練が必要でした。

 

ところがパソコンの普及によって、

“線を○○基点に△度で□mm引く”など

ソフトの使い方を会得していれば比較的簡単に

できるようになりました。

 

このように図面を作成するための“支援”ソフトがCADです。

 

3つのアルファベットは

Computer Aided Designの頭文字から取ったもの。

 

大きく分けて、2次元と3次元を扱う CADがあり

それぞれ2DCAD、3DCADと呼ばれます。

 

代表的なものにはAutoCADやJw_cad、Vectorworksなどがあります。

 

2.5D CADという種類もありますが、

これは平面のデータから立体のモデルをつくることができるもの。

たとえば、建物の立体の様子を簡単に再現することができます。

 

便利ですね!

 

CADが活躍する場は建築、土木、製造などが一般的ですが、

服飾や宝飾関係の図の作成もあります。

 

現在の産業には絶対に欠かせないCAD。

 

図面を描くということは昔から行われていましたが、

現在ではパソコンがあたり前に使われるようになり

“CADを扱える人”が多く必要とされているのです。

 


ペレーターのお仕事で大切なコト

一般的な家を建てるのに図面はどのくらい必要か想像できますか?

 

数十枚から多いもので数百枚単位に及びます。

全体像だけではなく、細かな部品などにも必要だからです。

 

他の業務もあり、多忙な設計士だけでは

とても全部の図面を引いている時間などありません。

 

さらに現場を見ながら設計の細かな変更をすることがあります。

ちょっとした変更でも図面の修正は必須です。

 

そのようなときに活躍するのがCADオペレーター。

 

CADオペレーターは設計士やデザイナーなどから指示を受けて

図面作成を行うのが仕事です。

 

つまり設計士などの方たちの“アシスタント”

正確さと丁寧さ、そして“スピード”が求められます。

 

オペレーターがCADで作った図面をもとにして作業が進められます。

ちょっとした数字の間違い、ズレが大きなトラブルにつながります。

また、ミスはなくてもわかりにくい図面も問題です。

 

細かなところまで気配りができる、

他の人が見たときにわかりやすいかを考えられるかが

この仕事に向いているひとつの要素と言えるでしょう。

 

ソフトを使えることや資格を持っているだけでは仕事にはなりません。

運転免許を持っていることと、優秀なドライバーであることは

イコールではありませんよね?

 

指示内容をしっかり理解しするためには知識や経験が必要。

 

常に責任感を持つ、質を上げていける努力をすることが大切です。

少し危機感のある内容とともに、掘り下げて続きを考えてみましょう。


来性は頑張り次第?

昔はパソコンを使える人が重宝されていたように

CADを扱える人も以前は希少な人材とされてきました。

 

現在でも必要な人材なので、

多くの専門学校や講座で関連資格取得を目指した

案内もされています。

 

たとえば“CAD利用技術者試験”がメジャーなところです。

上級のレベルでは実技試験もあるため

技術力の高さとしてのアピールは可能と言えます。

 

ところがソフトを扱える、資格を持っているだけでは

キャリアアップは望めません。

 

以下のことが必須です。

 

・コミュニケーション能力を伸ばす

・図面の意味を読み取る能力を伸ばす

・図面にする物の理解を深める

 

通常、指示を受けて仕事をするのですから

正確に設計した人たちの意図を読み取らなくてはなりません。

 

渡された図面や指示内容に誤りが含まれることもあり得ます。

描くものがどのような所で使われるか、材質に関することなども

把握していることもオススメします。

 

ただ指示された図面を描くだけの仕事は、

淘汰されてしまうかもしれません。

 

先にご紹介したように、

CADがさまざまなことに必要なのは事実です。

図面を描く仕事がなくなることも考えられないでしょう。

 

ところが単純に図を描いているだけの仕事は

無くなる可能性があります。

 

CADの機能が充実・扱いやすくなることにより

設計士自身でかんたんに早く図面を引けるようになるかもしれません。

単純な図面ならば人件費の安い国への発注になるのかもしれません。

 

いつの時代も求められる人材は変化していきます。

“重宝がられる、プロフェッショナルな人材”を目指して、

頑張ってみませんか?

 

関連キーワードはこちら

 


CADオペレーターサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ