- 言葉で人と企業を結ぶ -

なたの「くつろげる場所」はどこですか?
護を担う方のくつろぎ空間“ケアラーズカフェ”

「くつろぎ空間」でネット検索すると美容院やエステサロン、マッサージ、

ホテル、介護施設など、本当にたくさんの分野でこの言葉が使われています。

 

人にとって“くつろぐ&くつろげる場”は、それだけ大切なのです。

 

近年、社会問題として大きく取り上げられている「高齢化」。

その中で介護についての問題を耳にすることが多々あります。

 

利用者さんが、ゆったりとくつろげる家を目指して頑張っている

介護施設のスタッフさんや自宅で介護を担っている方。

いろいろな苦労があることでしょう…。

 

そこで、そんな方たちのくつろぎの場「ケアラーズカフェ」をご紹介します。

 

ケアラーズカフェとは、

家族の介護など、無償で介護してる人をケアラーと名付け、

情報収集・交換や相談、そして実際の経験話を聞いたりする憩いの場であり、

仲間とのおしゃべりの場、そして、くつろぎの場でもあるのです。

 

介護を一人で抱え込んで疲れ切ったりしないように、自分の身近にも、

同じ悩みを持つ仲間と触れ合える、こんなカフェがあったらいいな…。

と思うのは私だけでしょうか?


つろぐ時はココに注意!

★くつろぐときはココに注意

くつろぐことは疲れやストレス解消になるのでとても大切です。

しかし、間違った体勢でくつろぐと頭痛の原因になるので注意が必要。

 

「あぐら」はとても楽な座り方なのですが、猫背になりがちです。

猫背になると、頭は前に傾いてしまい、頭を支えている首や肩は

休むことができません。

 

またソファーに座り、太ももに肘を乗せた体勢や横向きで寝転がり

肩肘を床についた体勢、うつ伏せに寝転んだ体勢などでテレビを観ることも、

首や肩周辺に大きな負荷をかけます。

 

くつろぐときも、「猫背になっていないか」「肩がすくんでいないか」

「同じ姿勢を長時間していないか」など、ときどきチェックするようにしましょう。


くつろぎ空間」を作るコツ3つ

★すっきり空間がリラックスのカギ

リラックスできる部屋作りのためにまず目指すのは、すっきりとした空間。

 

部屋をすっきりと見せるコツは、家具の色や高さを揃えること。

特に、高さが低めの家具で揃えることで圧迫感がなくなり、

すっきりとした印象になります。

 

そして、家具は部屋のあちこちに点在させるよりも、

ある程度まとめて置き、室内に広いスペースを作るのもポイントです。

 

★リラックスできる部屋の色は?

モダンで洗練された印象の部屋作りに向いている「白」や「黒」。

しかし、長時間過ごす自宅に取り入れると、やや疲れやすい色でもあるので、

リラックスを重視する場合には避けた方が無難な色かもしれません。

 

落ち着きや癒し、リラックスをもたらす効果がある色は、

「青」「緑」「茶」「ベージュ」「ピンク」などが挙げられます。

 

★小物や照明で癒しを演出

明るすぎる照明は疲れる原因になります。

夜のリラックスタイムには間接照明を活用しましょう。

 

また、観葉植物や切り花など、植物を部屋に飾ることもオススメ♪

自然を感じることで癒し効果が期待できます。

 

自宅で「くつろげない」と感じている方はもちろんですが、

そうでない方も、よりリラックスできる空間作りの参考にいかがでしょうか。

 

関連キーワードはこちら

理美容 全般

…もっと見る

 


くつろぎ空間サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ