- 言葉で人と企業を結ぶ -

地で活躍している!?ユニークな交通誘導員さん
さんご存知!人気の「DJポリス」

ユニークな交通誘導話題となったのが、あの「DJポリス」

サッカー日本代表がブラジルワールドカップ本戦への出場を決めた夜、

この日ななめ横断を規制する厳戒態勢を敷いた渋谷の

スクランブル交差点において、歓喜に沸いた大勢のサポーターを

言葉巧みなスピーチで誘導し、負傷者・逮捕者ゼロに導いたのです。

 

興奮冷めやらぬサポーターに対し、DJポリスが発した言葉は

警官にありがちな威圧的な物言いではなく、

 

「みなさんは12番目の選手です。

日本代表のようなチームワークでゆっくり進んでください」

「怖い顔をしたお巡りさんも

心ではワールドカップ出場を喜んでいるんです」

「私たちはチームメートです」

 

などと、サポーターと同じ高さの目線で話し、共感や一体感を

誘ったのです。さすが機動隊警備広報協議会で優勝し、

難関の広報技能検定試験の上級検定にも合格しているDJポリス。

 

難しい言葉は一切使っていませんが、そこにはそれ相当の高度な

話術が盛り込まれ、人間味のない決まりごとのスピーチではなく、

自分自身の言葉や考えが加わった「真のスピーチ」となって

サポーターの心に響いたのでしょう。


を動かす“スピーチ力”

スピーチ後、一部で「お巡りさん!」コールも湧き上がり、

それに対してDJポリスが発した言葉がこちら。

 

「声援も嬉しいですが、

皆さんが歩道に上がってくれる方が嬉しいです!」

 

この返しがなんとも凄い。

 

威圧したり懇願するのではなく、同じ目線・同じ気持になって

発した、心のこもった言葉は人を動かすのです。

 

私が日頃話す言葉はどうだろう、しっかり響いているのかな?

考えさせられる出来事でした。

 

今回は、初めに話題となったスクランブル交差点での活躍を

紹介しましたが、これ以外にも様々な場所でたくさんの方が

素晴らしいスピーチ力でスムーズな交通誘導を行っています。

 

一度調べてみてはいかがでしょうか?


彩な表現で注目?

まだまだいる「ユニーク」な交通誘導員

 

ネット検索すると各地のユニークな交通誘導員さんを

紹介している記事がたくさんありました。

 

●ノリノリで踊りながら車を誘導している

●誘導棒を振り回しては「ビシッ!」とキメる

●混雑の中、ユル系で柔和に誘導している

●誘導棒をヌンチャクみたいに扱う

●ユニークなダンスで誘導している

 

などなど。

「渋滞でイライラさせないように」

「単純な作業を少しでも楽しくするため」

「パフォーマンスやダンスが好き」

どんなきっかけでユニークな誘導を始めたのかは不明ですが、

きっとそこには個々の思いがあり、工夫が盛り込まれている

のではないでしょうか。

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 

 


交通誘導といえばサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ