- 言葉で人と企業を結ぶ -

をもっている人は工場での仕事にむいている!?
場ワークのメリット

■接客をしなくても良い

工場内の作業がメインなので、周りの従業員とのチームワークは欠かすことができず、

コミュニケーション力は必要です。

 

■休憩時間もきっちり休憩をとることができる

工場勤務は社員の健康な体が資本なので、定時になるとさっと帰れるのも工場ワークの良いところです。

 

■土曜・日曜・祝日と休みが多い

自分がやりたいことのプランがたてやすく、趣味やスポーツ、あるいは資格を取る勉強など自由時間が多くとれます。

自由時間に、はっきりとした目標を持つことで本来の仕事にも力を打ち込むことができ、

立てた目標を達成することもできます。


場ワークのデメリット

■夜勤のある工場

夜勤は、慣れてしまえば思ったほどキツくありません。深夜手当は出ますので収入は増えますが、

生活リズムがずれると慣れるまで時間がかかります。

 

■腰に負担がかかる

立ち仕事が多い作業等では腰痛に悩まされることも。適度なストレッチや腰痛体操などをオススメ

します。

 

■人間関係の問題

同じ職場で働く人が多いと、人と接するのが苦手の方、もしくはあまりコミュニケーションを取るのが苦手

という方にとっては、大変な環境です。

また、グループや派閥が出来てしまうこともあり、人間関係が面倒なことになる場合も。

誰もが良い人間関係の中で働く事を望みます。その為には敵対意識を持つことなく

大らかな気持ちで働きたいものです。

 


場から大空へ

工場で働くことのメリット・デメリットはありますが、日本はモノづくり大国!

 

ここ最近では50年ぶりに国産初のジェット旅客機MRJ(ミツビシ・リージョナル・ジェット)の

各種部品を製造しMRJ初飛行を成功させたというニュースが話題になりました。

 

各種センサー製造の多摩川精機(長野県飯田市)は、操縦系統を制御するコックピット周辺の

パイロットコントロールシステムのセンサーユニットや、翼を動かす機構のセンサーが

米国のシステムメーカーなどを通じて搭載されています。

 

ベアリング(軸受け)大手のミネベア(長野県御代田町)は、主翼や水平尾翼、

着陸時にタイヤの衝撃が直接伝わる降着装置(ランディングギア)などにベアリングを提供しました。

飛行や着陸時に強い力のかかる場所で軸を受けて関節のように動き、

機体部品の破損を防ぐ役割を果たします。

 

長野県飯田下伊那地域の企業でつくる航空機部品の共同受注グループ

「エアロスペース飯田」の加盟企業も、ステンレス部品の曲げ加工やアルミ製品の切削加工など、

MRJ向けの部品加工を受注し製造しています。

 

この様に、製造業におけるモノづくりの技術は、もちろん変化し続けるものです。

より高度な技術が作り出され、より品質の良いものが求められ、常に新しいものが

作られ続けている世界で、モノづくりのやりがいを感じてみるのもいいのかもしれません。

 

 

関連キーワードはこちら


工場サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ