- 言葉で人と企業を結ぶ -

療・福祉・建築業界で活躍したい方、必見!
ーディネーターとは

■コーディネーターとは

人と人、人と情報、人と資源を適切に結びつける(調整する)ことを行う人を

「コーディネーター」といいます。

 

インテリアコーディネーターや色彩コーディネーター、人材コーディネーター、

仏事コーディネーターなど、様々な種類があります。

 

資格は難易度が高いものは少なく、わりと容易に取得することができますが、

コーディネーターという名称に象徴されるように、各分野で活躍するプロ達の間に入り、

異なる主張や意見のズレを調整しながら、最適な結果を生み出す役割を担っています。

 

そのため、幅広い知識と高いコミュニケーション能力や物事を取りまとめる力が必要に。

コーディネーター資格の本質はレベルの高い仕事が要求されているのです。

 

資格を取得するだけでなく、仕事に就き経験を積み重ねることにより、

名実ともにコーディネーターといわれるに相応しい実力が見に付きます。


目の「福祉住環境コーディネーター」

多種多様ある「コーディネーター」。

その中でも、高齢化社会を迎えた今、ますます存在感が高まる

「福祉住環境コーディネーター」に注目!

 

■福祉住環境コーディネーターとは

高齢者や障がい者に、暮らしやすい住環境を整備するためのコーディネート(調整役)。

 

医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、建築士やケアマネジャーなど

各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示したり、

福祉用具や諸施策情報などを提案する専門アドバイザーです。

 

バリアフリーとは、段差をなくしてスロープを付けることだけではなく、

年のとり方が人それぞれであるように、必要とされるニーズも千差万別。

 

その複雑さから、各クライアントの特性にマッチした住環境を提案・実現するには、

様々な分野の専門家と調整を行うための総合的な知識が欠かせません。

 

あらゆる業界で、高齢者を意識したビジネスにシフトしつつある今だからこそ、

医療・福祉・建築について総合的な知識を身に付けている

「福祉住環境コーディネーター」に注目が集まっているのではないでしょうか。


格を取ろう!

■福祉住環境コーディネーター資格

東京商工会議所が主催しており、民間資格に分類されています。

 

1級から3級まであり、福祉系の資格としては珍しく特に受験資格はなく、

誰でも受験することが可能。

 

また、2級を取得すると、介護保険を利用した住宅改修を行った際の必要書類、

「住宅改修が必要な理由書」を作成することが認められます。

 

【2・3級】

それぞれの公式テキストに該当する知識と、それを理解した上での応用力を問います。

マークシート方式で、制限時間は2時間。100点満点とし、70点以上をもって合格。

 

【1級】

2級に合格されていることが条件です

制限時間はマークシート方式 2時間(前半)、記述式 2時間(後半)は、実務能力

(課題に対する提案力)などの、実践力、応用力、総合的判断力を問います。

マークシート方式・記述式各100点満点とし、それぞれ各70点以上をもって合格。

 

家族や自分自身のために、

“福祉住環境コーディネーター検定試験”にチャレンジしてみませんか!

 

詳しくは、福祉住環境コーディネーター公式サイトをご覧下さい。

http://www.kentei.org/fukushi/

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


コーディネーターサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ