- 言葉で人と企業を結ぶ -

から有を作り出すこと
イディアを社会の役立つ形にする

設計とは、アイディアを社会の役立つ形にする素晴らしい仕事です。

 

ものづくり大国と言われる日本には、

世の中が必要としている製品を作り出すという大きな使命があります。

 

満足のいく製品を作り出すためには、机上の学習のみで習得できるのではなく、

実際に現場で設計業務を行い、経験を重みながノウハウを身につけることが理想的。

知識やスキル、そして経験の全てを兼ね備えた設計士が求められているのです。

 

どんな製品もまずは企画が大切。

企業の専門家がマーケットのニーズを調査。

消費者のニーズを把握。競合となる他社の状況を調査、分析などを行い、

対象となる顧客ニーズにマッチした商品コンセプトを練り上げます。

 

概略の仕様が決定するといよいよ基本設計。

構造を具体化させるためにCADを使って設計を進め、

デザインなども考慮し部品の寸法を決めたり、材料を選定する。

コスト計算や強度計算なども行います。

基本設計の後、詳細設計、試作品の作成、性能評価へと進み製品の完成へと繋がっていくのです。

 

機械設計者の多くは工業系の大学で機械工学を学び、

材料力学、機械力学、流体力学、熱力学の知識が豊富であり、

なんと言っても機械いじりが好きであることが基本です。

物事を3次元で捉える発想も大切です。

 

さらに欲を言えば、製図、機械要素の知識があり、

3次元CADを使いこなせる能力も必須です。

 

また正解が一つでないだけに『独創性』『創造力』や『センス』が求められます。

正確な設計を進めていく上での『論理力』『応用力』も求められています。

 

ユーザーが納得する製品をつくりだすという事も念頭に、

ねばり強さや使う人を思いやる心も大切です。

 


力と活躍の場

さまざまな業界で求められている機械設計の技術。

 

魅了は何と言っても自分のアイディアが技術になり、

さらに製品という形になって世の中にでていくことに喜びを感じられる事です。

 

具体的には自動車・車両設計者、家電設計、3次元CAD技術者、金型設計技術者、

プラント設計技術者、おもちゃ(玩具)設計技術者、雑貨設計技術者、

PC関連製品設計技術者、ロボット設計技術者、CADオペレーター、

CGクリエイター、CADインストラクターなど活躍の場は広がっています。

 


用ニーズが高い機械設計エンジニア

町の自動者整備工場で働いていた人が、車づくりへの熱い思いを持ち、

スキルアップを求め、大手自動車メーカー開発者として採用された、そんな話を耳にしました。

 

車好きのAさん。

大学卒業後、自動車部品の設計をしたいと自動車メーカーの関連デバイスメーカーに入社しました。

技術者として課題解決に挑んだり機構設計上の工夫をしたりと専門分野でのレベルアップは

実感していましたが、その一方で、発注元が決めた仕様に従う部分が多く、

自分の意見が反映される事が少ない事に

自動車業界でも機会設計の枠の中仕様の検討段階に関われる企業へキャリア転職を果たしました。

 

今では自動車部品の開発部門において、ブレーキランプスイッチという単純なようで

奥深い製品の追求するため、どれだけ部品点数を少なくする工夫ができたか、

量産工程を考えた設計をしてきたかといった、

高いハードルを目の前に奮闘しやりがいのある毎日に変化しました。

 

採用担当者いわく、転職を通して、技術を高めたいという意欲が明確に伝わったことが採用の決め手となり、

国内外のメーカーの技術者とグローバルに活躍できる人材にと期待を高めています。

 

機械・機構設計者の採用ニーズは2006年以降高い水準を維持しています。

また、設計の基礎や力学を勉強したことのある人なら、実務経験は問わないという企業も多く、

業界を超えての転職も有望と言えるのでしょう。

 

転職を考えている方は絶好のタイミングを見逃さず、まずはトライしてみませんか!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 

 

 


機械設計の基礎を知るサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ