- 言葉で人と企業を結ぶ -

のづくり は楽しい!
械(マシン)オペレーターとは

まずは 機械(マシン)オペレーターとはなにか…

 

★食料品や電気製品等、工場でモノを作る過程を管理する仕事です。

 

機械化の進む工場では、人間が担当する仕事は実際に手を動かす作業から作業を行う機械を監視する

ことに移り変わっています。

 

機械オペレーターの仕事内容は業界や工場により異なり、機械が順調に稼働しているか監視する作業の

他、材料の搬入や、機械のメインテナンス、掃除などが含まれることもあります。

 

(進路ナビより)

 

★主にマシンのセッティングやマシンへの部材の供給、仕事が終わった後のマシンの清掃などを行うものや

操作の難しい機械を扱ったり、繊細な作業が必要になるものまで実に様々です。

 

製造しているものにより機械も異なるので、一概に簡単とも大変ともいえません。

ただ難しい仕事ほど他社に対しても大きなアドバテージにもなるので、やるのであれば難しい仕事の方が

いいでしょう。大規模なリストラなどが敢行された時なども、派遣社員に置き換えることのできない仕事で

あればリストラ退職になりにくいでしょう。

 

(サイト機械オペレーターの仕事内容より)

 

工場での”ものづくり”のお仕事なので、自分の仕事が目に見え大きなカタチになる。

とても やりがいを感じ、達成感のある仕事だ ということです。


場で使える資格

これから工場で働きたい、または工場で働いている方は工場で使える資格や講習には何があるでしょうか。

 

資格をもっていれば就職や転職も有利になりますし、昇進にも影響するので、ぜひ取得しておくと良いでしょう。

 

 

【自主保全士検定】

自主保全とは、生産システムの効率を高めるため、設備を使用するオペレーター自身が行う

保全活動のことです。これにより生産効率を阻害するロスを排除し、またそのための改善活動を進めることで、

設備をあるべき姿に保つとともに、設備に強い人づくりにつながります。

 

 

【フォークリフト技能講習】

工場の資材管理なのど現場ではフォークリフトが欠かせません。技能講習や簡単な筆記試験で取得可能なので

難易度は高くありませんが、講習が数日間に及ぶので講習に行く時間が取れず、意外と運転できる方は

少なかったりします。取得すれば資材管理や倉庫の管理などで就職するのに有利になります。

 

 

【安全衛生管理者】

国家資格で、会社の労働環境の衛生的改善と、疾病の予防や、事業場の衛生全般を管理するのに必要な資格です。

一定の規模を超える事業所には専任が義務つけられており難易度も高い資格なので、もっていれば

大きなアドバンテージになります。受験するには実務経験が必要で会社に事業者証明書を発行して

もらわなければなりません。

 

 

【情報処理技術者】

情報関連の、幅広い知識を評価する国家資格です。大規模工場などでは社内ネットワークなどは

専任の社員がいたり外部の人間に委託する事が多いですが、

中小企業などでは別の業務をしている人間が兼任することも多いので、工場とは一見無関係にも思えますが

意外に活躍できる場面もあります。

 

 

【危険物取扱者】

危険物の取り扱いや取り扱いに立ちあう為に必要な国家資格です。

ガソリンをはじめとし有機溶剤などを取り扱う工場で役立ちます。

 

 

このように、工場で働くにあたって役に立つ資格は様々ですが、自身のスキルが向上していくことで

とても やりがいを感じるお仕事です。

 

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


機械(マシン)オペレーターサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ