- 言葉で人と企業を結ぶ -

付き合いが苦手でもできる「マシンオペレーター」
械・マシンオペレーターになろう

マシンオペレーターはその名の通り「機械を操作する」お仕事。

主に機械が順調に稼働しているか監視する他、材料の搬入や

メンテナンス、掃除などで、仕事内容は業界や工場により

異なります。

現在では、工場の自動化や製品の軽量化も進んでおり、

女性でも十分活躍することが可能。

 

先にも書きましたが、仕事内容は扱う製品や機械によって

大きく変わります。設定してあとは見ていればいいだけのもの

や、半自動で部材や材料などをセットし、ボタンを押す作業を

何度も繰り返すもの、長年の経験と勘がないとできないもの

など、さまざま。

 

もし、マシンオペレーターの仕事がしたいなら希望する会社の

ことや仕事内容などもしっかり調べておきましょう。

また、実際に工場での仕事を探すなら、工場求人専門の

求人サイトもあるので、一度チェックしてはいかがでしょうか。


分をしっかりアピールしよう!

面接では、自分がその職種に適していることをしっかりアピール

することが重要になります。

では、いったいどんな人がマシンオペレーターの仕事に向いて

いると言われているのでしょうか。

 

●機械いじりが好き

●細かい作業が得意

●モノづくりに興味がある

●集中して丁寧な作業ができる

●一人でもくもくと作業ができる など

 

マシンオペレーターならではの特徴は、機械を操作するという点。

工場には普段、見たり触ったりできない機械がたくさんあるので

機械そのものに興味があることはアピールできるポイントに!

 

また、決められたことに集中して一つひとつ丁寧に取り組める

と言うことは、安全な作業をする上でとても重要なことです。

こちらもしっかりアピールしていきましょう。

 

マシンオペレーターの仕事は、データを入力したり機械のボタン

を押したりする、比較的簡単な作業が多いので、未経験でも

チャレンジできるところがほとんどです。

 

中には、機械のことを詳しく知っている方のほうが向いている

作業もあるので、もし、マシンオペレーターの実務経験があれば、

強みになります。


場勤務は夜勤がオススメ

工場は24時間稼働しているところが多く、特に深夜に働ける人は

歓迎されます。

 

夜勤の大きなメリットは、昼間よりも時給が高いこと。

22:00~翌05:00は、労働基準法により深夜割り増しとして25%

支給されるように決められていますので、短期間でガッツリ

稼ぎたい人にとって、夜勤は魅力的な仕事といえるでしょう。

 

また、朝早く起きるのは苦手でも、夜起きているのは苦にならない

という夜型タイプの人は、夜勤の仕事に向いています。

ただし、昼夜逆転の生活が長く続くと体調を崩しやすくなるので、

十分な栄養と休養を取りながら、自分にとって楽なライフスタイル

で働くことをオススメします。

 

最初はキツイと感じてもしばらく続けると自然に体が慣れてきます

ので、まずは3ヶ月頑張ってみましょう。

 

 

関連キーワードはこちら


機械・マシンオペレーターになろうサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ