- 言葉で人と企業を結ぶ -

目が集まる、女性建築施工管理技士!
築施工管理技士を知る

■建築施工管理技士とは?

 

建築施工管理技士とは、鉄筋・大工・内装仕上げ工事

などを含む建築工事の施工計画を作成し、現場での

工事進行を指揮・監督し、施工管理を行うために

必要な専門家。

 

1級は大規模工事を扱え、2級は中小規模工事を扱う

ことができます。

 

 

■建築施工管理技士の主な仕事内容

建築施工管理技士の仕事は、建築工事の施工計画を

作成し、現場での工程管理や品質管理などを行うこと。

 

まずは、施工図をもとに使用する機材や必要な作業員の

人数や工期などを検討し、詳細な施工計画を立てます。

様々な職種の業者が下請けに入るので、これらの選定、

工事費や工期の調整も行います。

 

工事中は、常に進捗状況を把握することが重要で、

工事の品質を確認しながら必要な指示を行います。

また、事故や労働災害がないように配慮することも必要。

 

工事終了後は所定の手続を行い、建築物を発注者に

引き渡します。

 

現在は建築工事の分野が多様化し、分業化が進んでいる

ことから、建築施工管理技術者は現場での監督・指揮の

仕事を行い、調査・計画・設計の仕事は建築設計技術者が

行うのが一般的です。


性施工管理技士のメリット・デメリット

■女性の施工管理技士

施工管理技士は、建築・土木での仕事が主になるので、

男性の取得者が多いですが、女性でも男性に負けず

活躍している方も多くなってきました。

 

国土交通省は、建設業界で働く女性技術者・技能者を

5年で倍増することを目指しているので、働きやすい

制度や環境整備が急ピッチで進められています。

 

大手ゼネコンなどでは、育児休暇だけでなく子育てとの

両立ができるように配置転換を行ったり、長期間で

キャリア形成をサポートする動きも出ています。

 

改善の余地はまだまだ沢山ありますが、国を挙げて

女性雇用の進出をバックアップしているため、

施工管理技士の将来性は期待できると言えるでしょう。

 

 

■女性施工管理技士のメリット

女性で1級の資格を持っている人が少ないので、

会社から重宝されることもあるようです。

 

特に、マンションの改修工事などを行う際に、

日中に在宅している多くが主婦の方という理由で

管理組合から女性の施工管理士を居住者対応で

入れてほしいと要望される場合もあります。

 

この場合、住人の方も同姓同士ですので、

コミュニケーションが取りやすく、信頼関係が築ける

ので、クレーム減少につながると言ったメリットも◎

 

また、女性ならではのキメ細やかさと丁寧さが仕事に

活かせるので、企業側からも評価が高いです。

 

 

■女性施工管理技士のデメリット

女性が少数の業界なので、企業によっては女性雇用

促進のための整備に差が生じているのが現状です。

 

女性を雇用する場合は更衣室や女性トイレの設置など、

コストが発生するために男性中心の中小企業では、

採用に躊躇しているケースも少なくありません。

 

また、現場では女性が1人という場合も多く、先入観だけで

上から目線や無理だろうと判断されてしまうことも。

 

もちろん、女性だから可愛がられるケースもありますが、

悔しい思いをしている人も多いようです。


をあきらめないで

~最後に~

ほんの少し前までは建築業は男性の職場というイメージが

強くありましたが、今では会社説明会を開催すると、

女子学生が半分近くを占めることもあると聞きます。

 

国がバックアップしていることもあり、

女性が能力を発揮できる環境が整い始めていますので、

憧れや興味があるなら『女性だから』とあきらめず、

ぜひ、チャレンジして夢を叶えてください。

 

応援しています!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 

 


建築施工管理サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ