建築建設 > お役立ちコンテンツ

- 言葉で人と企業を結ぶ -

役立ちコンテンツ
  
建築建設に関わる人々について

建築建設には多くの人が関わっています。

ここでは、どんな人々が建築建設に関わっているのかを紹介していきます。

 

マイホームなどの新築の場合

 

「建築主」と「施工業者」が携わります。

建築主・・・お金を出し、建築の依頼をする人のことです。ようは建築の依頼主ですね。

 

施工業者・・・建築主に依頼されて建築工事をする人たちのことです。工務店やハウスメーカー、を指します。

工務店やハウスメーカーは何をしているのかというと・・・

 

工務店・・・住宅の工事がスムーズに行えるように、主に職人(トビ、大工、左官、板金、 電気、水道その他)などの手配を行うなど、専門工事業者をマネジメントする業者のことをさしています。工務店は地域密着型の工務店が多く、比較的融通等も利いてくれることが多いです。

 

ハウスメーカー・・・日本国内において、全国展開している大手住宅建設会社のことを指します。特徴としては、資材の調達、生産から設計、施工まで、工場で効率化されているため、品質が安定しており、工期が短いことが特徴です。金額は少し割高ですが、後期が短く安定して作業してくれることが強みです。

 

また、もう少し詳しく見ていくと、工事現場には様々なルールがあります。

公共工事においては、現場代理人主任技術者の配置が必要です。

一つの現場を完成させるまで多くの人々が関わっていることがわかりますね。

有限会社ウィル

兵庫県内での土木、建築の仕事【未経験者歓迎・日払い!】  【アルバイト・パート】   個室寮完備、...

建築建設サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一覧もご覧下さい。

このページのトップへ