- 言葉で人と企業を結ぶ -

歳でもキャリアアップできる警備の仕事☆
きく分けて4種ある業務内容とは

警備員とは、主に施設内や人の警備・警護を専門的に

行っている人の総称。

 

社会の安全を守る縁の下の力持ち的な役割であり、

各所で必要とされる存在で、仕事内容は多岐に渡ります。

 

 

<業務は4種類存在>

 

●1号業務(施設警備)

警備業務対象施設(事務所、住宅、興行場、駐車場、

遊園地、空港など)において、盗難や火災、不法侵入

などを防止するための監視・巡回及び人・車両の出入

を管理する業務。

 

●2号業務(交通警備)

主に工事現場や駐車場、イベント会場などで

人や車両の誘導及び案内、雑踏の整理を行いう業務。

 

●3号業務(運搬警備)

運搬中の現金や貴金属、美術品、核燃料などに係る

盗難事故の発生を警戒し、防止する業務。

 

●4号業務(身辺警護)

人の身体に対する危害の発生を、その身辺に付いて

警戒し、防止する業務。

いわゆるボディーガード(用心棒)と呼ばれるもの。


かせる資格がたくさん♪

警備員に関する資格を幾つかご紹介します。

 

■警備員指導教育責任者

警備業務について専門的な知識を持ち、

警備員を指導し、教育をする際に必要な資格です。

独立・管理職などを目指す方には必須といえます。

 

この資格を習得する為には、

警備業務の実務経験が3年なければなりません。

 

■機械警備業務管理者

警備事業者は機械警備業務を行う際、営業所ごとに

機械警備業務管理者を必ず選任し、その所在地を

管轄する公安委員会に届け出なければなりません。

 

機械警備業務管理者を選任しなければ、

機械警備業務を行うことは許されていません。

 

■施設警備検定

主に、ショッピングモールや事務所、遊園地、駐車場

などの施設内で盗難や火災、破壊、事故などの発生を

防止する警戒業務を実施する為に必要な資格。

 

■空港保安警備検定

主に、空港、飛行場などで航空機の強取や事故の発生

を警戒し、防止する際に必要な資格。

 

■交通誘導警備検定

工事中の道路などで自動車や歩行者の誘導を行ったり、

車両の通行に危険のある場所(高速道路)で

棒振りする際に必要な資格。

 

■雑踏警備検定

スポーツイベントやコンサート、展示会、お祭、屋内・

野外イベントなど、人が大勢集まるところ(雑踏)で

発生する事故や混乱を防ぎ、人員整理や誘導、歩行者

の案内などをする為の資格。

 

■貴重品運搬検定

運搬中の現金や貴金属、美術品、骨董品、有価証券

などの貴重品に係る事故が発生した場合において、

知識や処理能力があるかが試される資格。

 

法律により、銀行やATMなどを巡回している

現金輸送車は、貴重品運搬警備業務検定の1級又は2級

検定合格者を運搬する車両ごとに1名配置するよう

定められています。


うせヤルなら、上を目指そう!

法律により有資格者を配置しなければならない基準が

決められているので、このような資格を有している人は

警備会社からの需要が高く、就職にとても有利です。

 

どんなに良い会社に入ったとしても、警備業界は過酷。

低賃金に嫌気がさすときもあるかと思いますが、

3年我慢して資格を取れば、キャリアアップも可能です。

 

この業界は、50歳~60歳で転職してもヤル気があれば、

上を目指すチャンスがあるというのが大きな利点。

 

あなたも警備業界で新たなキャリアを築きませんか?

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


警備員サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ