- 言葉で人と企業を結ぶ -

高の家庭教師を見極めよう!
庭教師を決める前に「ここをチェック」

 

家庭教師の派遣会社は数多く存在します。

 

中には、高額な費用を取りながら、

対応が悪い業者もありますので、

しっかり見極めることが大切です。

 

派遣会社を決める前に、ここをチェック!

 

■料金体系は明確か

■登録教師の数は多いか

■講師の変更は可能か

■サポート&フォロー体制はどうか

■会社の実績は十分にあるか

 

上記のポイントをしっかり抑え、

後で後悔することが無いようにしましょう。


い家庭教師を見極める「指導力」

■良い家庭教師、悪い家庭教師とは?

一口に家庭教師といってもピンからキリまで。

また、他の子にとって良い家庭教師が必ずしも、

自分の子にとって良い家庭教師になるとは限りません。

 

ですので、

子供と相性の良い家庭教師を見極めることが重要。

 

では、家庭教師を見極めるにはどうしたら良いか

考えてみましょう。

 

■指導力と相性

指導力とは、指導経験・学力・熱意などで、

相性とは、性格・性別・年齢・得意分野・教育観・

コミュニケーション力などです。

 

<指導力>

 

①指導経験、実績

どんなレベルの生徒をどのくらい学力を伸ばしたか、

また、何人指導してきたか、など過去の指導経験が

目安になります。

 

また、家庭教師センターで学習指導法を学んでいるか

どうかも参考になります。

 

②学力

子供が偏差値の高い学校に所属している場合や、

志望校が難関校の場合は、教師も同レベル以上の

偏差値の大学出身者であることが望ましいといえます。

 

③熱意・責任感

家庭教師の仕事に対してどのくらいの情熱があるか

が重要。なぜなら、熱意は指導力と比例するからです。

 

家庭教師の仕事をするきっかけや、モチベーション

などを聞きましょう。

 

また、自己都合で頻繁にスケジュールを変更する

ような人は責任感が薄いので注意しましょう。


い家庭教師を見極める「相性」

<相性>

 

①性格

性格は人間の相性を決めるうえで、とても大事な要素。

優しい、厳しい、明るい、真面目、気さく、厳格、活発、

冷静など、いろいろな性格の教師がいます。

 

子供に合うタイプはどんな教師なのか、集中して勉強

できるかどうか、実際に話をして確かめましょう。

 

②年齢

勉強があまり好きではない、得意ではないという場合には、

年齢が近くてフレンドリーな先生を選ぶと良いでしょう。

 

一方で、向上心が強く高い目標を目指している場合には、

経験豊かなベテランの先生が向いています。

 

その他、同性に心を開くタイプか異性から学ぶほうが

頑張るタイプか、子供の性格や家族構成などを踏まえて

性別を選ぶと良いでしょう。

 

③教育観

指導方針や教育観が家族とずれていると、

上手く効果を出すことが出来ません。

 

「今すぐにでも学校の成績を上げたいのか」

「ゆっくり自分で考える力をつけさせたいのか」など、

目的をはっきりさせ、家族の考えに合わせられる教師を

選ぶようにしましょう。

 

④得意分野

家庭教師はそれぞれ得意分野をもっています。

 

●基礎学力をつけるのが得意

●ハイレベルな問題を教えるのが得意

●私立中学入試に詳しい

●国公立大入試に詳しい

など、目標に合わせた家庭教師を選ぶことが重要。

 

⑥コミュニケーション力

教師の学力・学歴が高くても、コミュニケーション能力が

不足していると、指導能力のレベルはグッと下がります。

 

個々のレベルに合わせてわかりやすく教える能力や生徒が

教師に聞きたいことを汲み取る能力、ご家族に進捗状況や

課題点などを伝える能力など、さまざまな場面で

コミュニケーション能力が必要になります。

 

コミュニケーション能力がある家庭教師かどうかは、

なにげない日常会話からも、うかがい知ることができます。

 

以上の見極め方を参考に、良い家庭教師を選んで下さいね。

 

関連キーワードはこちら


家庭教師サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ