- 言葉で人と企業を結ぶ -

動と出会える仕事に就こう!
たなスタートを演出する仕事がしたい♪

「感動と出会う仕事」といえば、結婚や出産に立ち会う方々ではないでしょうか。

そこで、今回はこの2つの仕事にクローズアップ!

 

★一生に一度の幸せを創り上げる仕事「ウエディングプランナー」

 

ウエディングプランナーは、結婚を控えるカップルの結婚式をプロデュースする仕事。

予算や日取り、衣装、招待状の手配など、決めるべきことがたくさんあります。

 

お客様の意見や要望を聞きながらそれぞれに対して最善の案を提案し、

素晴らしい結婚式になるようトータルでサポートしていきます。

 

ウエディングプランナーにとって一番の大仕事は結婚式当日。

手配している全てのものが届いているか確認し、時間通りに式を始められるよう

会場全体に気を配り、各スタッフを動かしていきます。

 

プレッシャーの大きな仕事ですが、「新郎新婦を幸せにする」という魅力があり、

大切な日のために、新郎新婦と一緒になって頑張って行けるところや

幸せの現場に立ち会えること。そして、新郎新婦をはじめ、参加された方々の

晴れやかな笑顔に出会えるやりがいと感動を味わえる仕事です。

 

あなたも2人の「特別な1日」をプロデュースしてみませんか?


の命の誕生に立ち会える尊い仕事

★女性の一生をサポートする「産婦人科看護師」

 

産婦人科は「命と向き合う厳しさ」があります。

分娩が終わるまでは、赤ちゃんは元気か、急変することはないのか、

赤ちゃんは無事に呼吸ができるのか、出血は正常範囲内で済むかなど、

看護師の心配・不安は尽きないと言います。

 

赤ちゃん誕生の瞬間は、実は感動というより「ほっとした」。

この一言がまさに“ぴったり”で、これが本音だと言います。

分娩の場は医療者にとって、まさに緊張の時間なのです。

 

では、そんな看護師が感動や幸せを感じるときはいつなのか…。

それは「お母さんが赤ちゃんに授乳している姿を見る時」なのです。

2つの命を預かるプレッシャーから開放された安堵もあるのでしょう。

 

毎日命の誕生に関われ、感動を味わえる仕事ですが、

実際は、幸せな場面ばかりに立ち会えるわけではありません。

 

ですので、感情の振れが大きい中で仕事をする自分の心も大切に

ケアしてあげることが重要なのです。

 

そんな中でもやっぱり「元気に産まれてほしい」と願い、専門家として

安全に分娩を達成し、元気な母子を迎えるために走り回っている。

産婦人科看護師は『命の誕生』に関われる、ヤリガイのある仕事です。


気持ち」が一番大事

■人に感動を与えられる仕事は何だと思いますか?

 

何をやるかも大事だとは思いますが、気持ちがなければ伝わりません。

ですので、感動を与えられるのは仕事ではなく、人の気持ちなのです。

 

仕事は人のために価値を生まないと意味がないので、

「人のために」を考え抜き、行動することが大切です。

仕事が感動を与えるのではなく、あなたの「行動」が感動を与えるのだから。

 

まずは、目の前にある仕事に対して全力で取り組んでみましょう。

きっとそこから何かが生まれるはずです。

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


感動と出会う仕事サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ