- 言葉で人と企業を結ぶ -

口に「介護」といっても仕事内容はさまざま!
護スタッフが活躍する場

介護スタッフが活躍する施設は、入所者の要介護レベルや

 

運営母体、サービス内容によりいくつかに分類されています。

 

そこで今回は、施設形態について少しご説明しましょう。

 

 

 

■特別養護老人ホーム(通称:特養)

 

日常生活において、常に介護が必要な高齢者のための施設。

 

入所者は要介護認定されている方が対象となり、

 

介護の仕事は、24時間体制で行われます。

 

 

 

■軽費老人ホーム

 

家庭環境や住宅の事情で生活が困難になった高齢者のための

 

施設で、日常生活のサポートと食事を提供します。

 

A型、B型、ケアハウスの3種類に分類され、それぞれ提供する

 

サービスが異なります。

 

 

 

■有料老人ホーム(通称:有料)

 

生活のサポートや介護サービスを提供する施設。

 

入所の基準はなく、介護が必要な高齢者ばかりではありません。

 

介護型、住宅型、健康型の3種類に分類されます。

 

 

 

■グループホーム(通称:グループ)

 

認知症の高齢者が対象で、少人数で共同生活をする施設。

 

介護者は日常の生活の介護・サポートや機能訓練を提供します。

 

 

 

■老人保健施設(通称:老健)

 

病状が安定した高齢者が、リハビリテーションを行いながら、

 

自宅復帰を目指す施設で病院と自宅の中間の役割になります。

 

 

 

■デイサービスセンター(通称:デイ)

 

自宅で生活する高齢者が日帰りで通う施設。

 

日常の世話や機能訓練、レクリエーションなどが受けられます。

 

高齢者にとっては交流の場であり、ご家族の介護負担を軽減する

 

役割も担っています。

 

 


護事務って、ご存知ですか?

<介護事務のお仕事とは>

 

介護事務のお仕事は、介護事業の運営に不可欠な

「介護報酬請求業務」を中心に、事務作業全般を行います。

 

就業先により業務が異なるので、

主にどんな仕事をしているのか見てみましょう。

 

■訪問介護

訪問の回数やサービスの内容、時間などを計算して介護報酬を

算出します。

 

■認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

スタッフが少人数のため利用者の食事・排泄・入浴など

日常生活の介護を事務と並行して担うこともあります。

 

■特別養護老人ホーム

24時間体制なので、スタッフのシフト計画や介護サービス計画の

作成も介護事務が請け負います。

 

■介護老人保健施設

病気などでの治療後、リハビリを行い自宅復帰への支援を行う

施設なので、病気療養も兼ねています。そのため、業務内容に

医学的な要素も増え、医療機関との連携や薬品、特別食の管理

なども介護事務が担います。

 

■通所介護施設(デイサービス)

利用日数やサービスの内容を把握して、介護報酬を算定したり

スタッフの管理などが主な仕事です。


護事務の仕事をはじめませんか!

介護事務は、介護報酬請求業務の他にもスタッフの勤怠管理や

介護保険に関するさまざまな事務を行うことも大切な仕事です。

 

超高齢社会の今、介護サービス利用者も年々増加しているので

介護事務の更なる活躍が期待されています。

仕事はデスクワークが中心なので、体力的な負担が少なく

長く働きたい方にピッタリ☆

 

介護事務資格は受験資格がなく、学習範囲も限られています。

また、福祉系資格の中では難易度が低いのでチャレンジしやすい

資格といえるでしょう。

 

更に効率的に実力養成ができるカリキュラムが多く、最短3日の

短期速修が可能な学校もあります。

 

興味があるなら迷わずトライしませんか!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 

 

 


介護スタッフ活躍中サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ