- 言葉で人と企業を結ぶ -

業主婦VS働く主婦
婦になったら「扶養範囲内がお得」なの?

 

結婚されてからも働く主婦パートの方が増えています。

そしてよく耳にするのが「扶養内」とか「103万円や130万円」。

『扶養の範囲で働く』のは本当にお得なのか調べてみましょう。

 

<配偶者控除が受けられるのは103万円以内>

主婦のパートを年間103万円以下の給料に抑えておけば、

夫の税金は配偶者控除を受けることができ、税額が増えません。

 

<社会保険(年金・健康保険)は130万円がボーダーライン>

社会保険は、年収130万円を超えると夫の被扶養者からはずれ、

自分で健康保険に入る必要がでてきます。

年金は年収130万円以下だと第3号被保険者。国民年金の保険料を納めなくてよいのです。

 

◆専業主婦・働く主婦、どっちが幸せ?

専業主婦は働いていないことに負い目を感じ、

また、働く主婦は子供と一緒にいられる時間が短いことに負い目を感じているといいます。

 

でも、裏を返せば専業主婦は余裕を持って子育てできるというメリットがあり、

働く主婦には、仕事を通じて自己表現できるというメリットが。

 

子供が好きで外で働くのは苦手という人は専業主婦でも幸せを感じられると思いますし、

仕事が好きという人は子育てや家事との両立が大変でも、

生活の中にやりがいを感じられるものがあるので、やっはり幸せなのです。

 

幸福度を決めるのは他人ではなく、あなた自身。自分にとってベストな選択をしたいですね。


婦の収入と世帯収入を考える

主婦の収入と世帯収入を考えると…

 

<年収を100万円までに抑えると、世帯収入アップ>

●年収が100万円なら世帯収入が100万円増

年収100万円は、税金を払うリスクにならないので全額収入アップとなります。

 

<年収が103万円~130万円だと、税金が増えても負担は軽い>

●年収が120万円なら世帯収入が114万3000円増、税負担が5万7000円増

配偶者控除は受けられなくなりますが、妻の年収が141万円までだと配偶者特別控除が

受けられるので、負担は軽いと言えるでしょう。

 

<年収130万円~150万円はレッドゾーン>

●年収が140万円の場合は、世帯収入が112万4300円増、税+社会保険の負担で27万5700円増

年収130万円を超える場合は、税金の他に健康保険と年金の保険料を自分で払うことになり、

健康保険に加入できるといいのですが、無理な場合は自分自身で国民健康保険に加入することに。

年収130万円前後は、年収がアップしても世帯収入があがらないようです。

 

<年収160万円ほどになると、世帯収入の割合も良い>

●年収が160万円の場合は、世帯収入が126万4200円増、税+社会保険の負担で33万5800円増

年収130万円を超えるなら、160万円以上を目指したほうが良いのです。

頑張って年収160万円以上を目指すと世帯収入もぐっとアップしますよ♪

 

主婦のパートは扶養以内でなどと制限せずに、どんどん稼ぎましょう!


れからの女性の働き方…

政府が「働く女性」を増やすため見直しを進めている「配偶者特別控除」というのは所得控除の一つ。

夫の年収が約1,231万円以下の場合、妻のパート年収が20万円までなら満額38万円受けられます。

そしてパート年収が増えるにつれて控除額は段階的に減り、103万円でゼロにるというもの。

 

現在、パート収入が0~70万円未満の家庭への影響が特に大きくなります。

なぜかというと、この家庭は配偶者特別控除38万円を全額受けていたので、

それが廃止になるとその金額全てが夫の所得増になり、

収入は変わらないのに税金が増えてしまうのです。

 

ちなみに「配偶者控除」は、妻のパート収入が103万円以下の場合、

一律38万円の控除が受けられます。この控除は廃止にはなりませんのでご安心を。

 

配偶者控除の廃止が検討されている今、社会貢献や仕事についてあらためて考えてみませんか?

専業主婦の方は、この特権を使える間に仕事を探して、働き始めることを目標にしましょう。

安心して長く働け、収入アップが見込める仕事を選ぶのがポイント!

 

今からしっかり働けるという方は、年収103万円などと線を引かず、

年収160万円を超えて働くのがベストです。

 

 

 

関連キーワードはこちら

空いた時間活用

仕事と家庭両立

もっと見る…


女性 働き方サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ