- 言葉で人と企業を結ぶ -

美」と「癒し」を提供するスペシャリスト
分の手が、心遣いが、人を幸せにするお仕事

 

エステティックとは、「全身美容」のこと。

「エステティシャン」とは、全身美容に関するサービスを、

お客さまひとりひとりに合わせて提供する専門技術者、

いわば、「美」と「癒し」のスペシャリストです。

 

女性にとって、「美」は永遠のテーマ。

「キレイになりたい」という欲求は、いくつになっても 尽きません。

しかし、最近は女性のみならず、美容に高い関心を持った男性や、

健康に気をつかう方も増え、エステティックサロンは、

その数の増加はもちろん、サービスの種類、業態などがますます多様化しています。

エステティシャンの活躍の場も、今や、エステティックサロンのみならず、

ブライダルサロン、ホテルやスパ、化粧品メーカーなど、多方面に広がっています。

 

エステティシャンになると、日々、得られる最新の美容情報や、

最先端の知識・技術を活かしながら、自分自身も美しくいられるのは、

このお仕事の役得でしょうか。

また、自分の手や心遣いによって、癒され、美しくなったお客さまの

幸せな笑顔が見られるのは、やはり、何よりもうれしいことです。

 

それでは、そんな魅力にあふれる「エステティシャン」になるには、

どうしたらよいのでしょうか?


ずは基礎から、幅広いスキルを身につける

エステティシャンを目指すルートにはいくつかありますが、

最も一般的なのは、エステティシャンの養成機関で、

所定のカリキュラムを修了した後、

エステティックサロンなどに就職する方法です。

 

日本では現在、エステティシャンになるための必須資格はなく、

また、未経験や独学でも採用してもらえるサロンもありますが、

現状は、何らかの資格を持って働いているエステティシャンがほとんど。

人の肌に直接触れるお仕事のため、

実際、専門の技術や知識が必要になることは避けられません。

 

できるだけ早く即戦力として活躍するためにも、

やはり、前述のように、養成機関などで、ある程度の基礎をしっかりと身につけ、

できれば、資格を取得した上で、就職に臨むことが理想的でしょう。

 

養成機関は全国に多数あり、美容専門学校をはじめ、

サロン主催のスクールなど、さまざまな種類があります。

また、カリキュラムや受講期間も豊富で、一般的には、

皮膚科学、生理解剖学、栄養学などの専門知識をはじめ、

フェイシャル、ボディなどのエステティック技術、

リフレクソロジーなどのリラクゼーション技術、

化粧品、脱毛機や低周波機などの美容電気機器の取り扱い方、

また、お客さまへのカウンセリング技術やコミュニケーション技術まで、

幅広い知識・技術を学ぶことができます。

 

エステティシャンのスキルは、まさに一生モノ。

将来、独立して、自分のサロンを開業することも夢ではありません。


格取得で、さらに自分の可能性を広げる

日本には現在、エステティシャンに対する国家資格・公的資格などは

定められていませんが、民間資格が多数登場しています。

 

有名なものとして、

日本エステティック協会の「認定エステティシャン」、

日本エステティック業協会の「AEA認定エステティシャン」、

「CIDESCO(シデスコ)」の国際ライセンス・

「CIDESCOインタ-ナショナル・エステティシャン」などがあります。

そのほかにも、各協会団体や、サロンが独自で主催する

さまざまな認定資格があります。

 

サロンによっては、資格取得が採用条件であったり、

資格手当が支給されたりする場合も多いので、

資格を持っていると、働く上で有利になることは間違いありません。

 

また、エステティシャンの資格だけでなく、

メイクアップやネイル、アロマテラピー、

さらには、フードアナリストや食育アドバイザーといった

プラスアルファの知識・技術を身につけるのも、

エステティシャンとしての自分の可能性を広げ、

さらに上を目指す方にはおすすめです。

 

ぜひ、資格取得にチャレンジし、

「美」と「癒し」を極めたスペシャリストになりませんか?

 

 

関連キーワードはこちら


一生モノのスキルを手に活躍!エステティシャンサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ