- 言葉で人と企業を結ぶ -

性に大人気!“インテリアコーディネーター”
適な住空間を作る「プロフェッショナル」

 

■インテリアコーディネーターとは

快適な住空間を作るために適切な提案や助言を行う

プロフェッショナル。

インテリアに関する幅広い商品知識を持っています。

 

■仕事内容とは

 

インテリアコーディネーターの仕事は、

依頼を受けた住宅や店舗、オフィス、ショールームなどの

空間をトータル的にコーディネートすること。

 

お客様の好みやライフスタイル、目的や予算を

ヒアリングし、専門知識を活かして家具、家電、照明、

壁紙などを選択し、配置するプランニングを行います。

 

コーディネートは、見た目の美しさだけではありません。

動きやすさや快適さなどはお客様により要望が異なるので、

意向をしっかり汲み取り、最適な提案を行うことが重要。

 

そのため、インテリアに関する幅広い知識だけでなく、

営業や設計士、施工現場の監督や職人さんなど、

大勢の人とコミュニケーションを取ることも大切です。


リーランスとして働くには

独立までの道のりはいくつかあります。

 

■独立の方法①

 

まずは多種多様な経験を積むことが必要なので、

色々な業界のメーカーで、たくさん経験を積むのが

良いでしょう。

 

一つのメーカー独自の知識や技術などをある程度

習得したら、次に違うメーカーで同じようにスキルを

学んでいくのです。

これを繰り返し、さまざまな経験を積めば、

各メーカーに対する問いにも答えられるようになります。

 

このようにして、実力を付けた後で独立するのが

一番無難な方法です。

 

 

■独立の方法②

 

もう一つは、多くの業務を任せられる会社に入社すること。

会社規模が小さいデザイン事務所や設計事務所では、

1つの仕事を最初から最後まで、全て個人に任せられます。

 

何から何まで自分でやるのですから、仕事量が増えて

休めない、なんてデメリットも発生するかもしれません。

 

しかし、この方法であれば本来フリーになってから行う

仕事内容のほとんどを任せてもらえるので、月日を

消耗せずに経験を積んでいくことが可能になります。

 

上記のことから、こちらの方が独立するには近道と言えます。


ンテリアコーディネーターの醍醐味☆

お客様の漠然としたイメージから具体性を引き出し、

「これこそが私の望んでいたもの」

と思っていただける形にしていくのが、

インテリアコーディネーターの腕の見せどころ。

 

お客様の好みや予算などの制約がある中で試行錯誤し、

イメージから具体的な形を生み出していくのです。

 

個人のお客様だけでなく、設計担当者や

施工関係者との打ち合わせも大切な仕事の一つ。

 

夕方から打ち合せに入ったり、自ら施工現場に出向いて

進捗を確認したりなど、夜遅くまで仕事が続くこともあり、

巷で思われてるよりずっと体力が必要な仕事です。

 

しかし、こんな苦しみがあるからこそ、

自分もお客様も共に納得できるものができた時には、

この上ない達成感が味わえるのです。

 

この仕事は経験がものを言うので、

いろいろな仕事をこなすほど技量も上達し、

自分の思い通りに仕事が捗るようになっていきます。

 

センスとニーズをつかめば独立して活躍できる

インテリアコーディネーターにあなたもなりませんか?

 

 

関連キーワードはこちら


インテリアコーディネーターサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ