- 言葉で人と企業を結ぶ -

客様とキッチンの架け橋
に付くスキルは異業界でも役に立つ!

ホールスタッフの仕事内容は、居酒屋、カフェ、レストランなどの飲食店で、

お客様のオーダーを取ったり、できあがった料理を運ぶのが主なお仕事です。

その他店内の掃除や備品補充、レジ業務などもあります。

 

お客様に美味しい料理を食べていただくのはもちろん。

いつも清潔に保たれている場で、普段とは違う雰囲気で、

ゆったり過ごしていただくためのサービスも必要不可欠です。

 

スタッフ自身も清潔感のある身だしなみや笑顔、

いつも周りに目を配り、心を配り、

その店らしいおもてなしを提供することが大切です。

 

あんなサービスがあるから、こんなサプライズサービスがあるから、

おしゃべり上手な名物スタッフがいるから行ってみたい…など

口コミで話題になっているお店も多く見られるようになりました。

 

学生のアルバイトやサービス業界が未経験の方でもチャレンジしやすく、

コミュニケーション能力や、相手の希望することを先回りして感じることができる

洞察力なども身に付きますので、

これらを活かし、異業界へ転身することもできるでしょう。

 

コミニュケーションが得意でないという方でも、

まずは笑顔で気持ちのいい挨拶を!

 

お客様からの喜びの声や笑顔をいただけることで

自信やヤリガイ、また大きな目標を見つけ、

独立してキャリアステップをさてれいる方もいるようです。

 

まずは一歩!

あなたもチャレンジしてみませんか!


代にあった能力を身につけよう

海外からの観光国として人気が高く、

東京オリンピックを控えた日本。

 

この国らしい”おもてなし”を大切にというコンセプトを

掲げるお店が多く見られるようになりました。

 

ある調査によると、頻繁に外国人客が訪れるようになった。

という飲食店が半数以上を占めています。

 

よって訪日外国人をもてすために、

まず必要性なのが”接客英会話”です。

 

接客に使用する英会話はそれほど複雑ではないので、

まずは来店時、注文時、料理提供時、会計時、おかえりの時などの

基本的な会話から少しずつ身につけておくと良いでしょう。

 

また事前にSNSで情報をキャッチしてくる旅行者も多いことから、

情報ネットワークを正しく利用できる能力や、発信力も培っていきたいですね。

 

ご来店いただくお客様の国の文化も様々ですので、

その違いを受け入れ寛容的な立場でいることも大切です。

 

その上でお店のコンセプトや料理などをしっかり理解し

魅力を伝えられえるよう努力しましょう。

 


ると有利な資格☆

●ソムリエ検定

【社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会】

フレンチやイタリアンレストラン、

その他本格的なワインサービスを提供する飲食店に

就職を考えている方は持っておくと有利な資格です。

 

・シニアソムリエ

・ソムリエ

・シニアワインエキスパート

・ワインエキスパート

の4段階の資格があり、

受験資格は経験職種や年齢、

実務年数によって規定があります。

 

●レストランサービス技能検定

【飲食業界における唯一の国家検定】

この資格を取得することで、

レストランにおけるサービスの理解度と

能力をアピールすることができます。

 

格式の高いレストランや高級ホテルのレストランなどでは、

この資格を持っていると有利になるでしょう。

1級~3級があり、

学科試験に合格すると実技試験に進むことができます。

 

●和食マイスター

【日本野菜ソムリエ協会】

2013年、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」について学び、

実務に活かすことを目的とした資格。

高級和食レストランや老舗料亭のホールスタッフとして

活躍したい方には有利な資格です。

 

どの資格も飲食業界で働く方にとっては無駄にならない資格です。

是非チャレンジしてみてはいかがですか!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


ホールスタッフに注目!サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ