- 言葉で人と企業を結ぶ -

と人との繋がりは大きな財産
との繋がりはバランスが大切

「充実した人生を送るためには人との繋がりが重要」

 

やはりこれは普遍的なテーマであるように思えます。

 

しかしながら現実的にはデジタル化や利便性が益々進むにつれ、

ネット廃人と呼ばれるような、インターネットの世界に入り込みすぎて

現実世界でのコミュニケーションが嫌になる人も出てきています。

 

周りの人と協力しないと生きていけないという時代でなく、

繋がりを持たなくても、適当に暮らしていけるという時代であることも確かです。

 

それでも人との繋がりや信頼しあえる人間関係が重要なのはなぜか。

 

・一人で得ることができないものを得られる。

・自分の知らなかった知識に触れることができる。

・自分には出来ないことをカタチにしてくれる人に出会える。

・自分では気づかなかった自分の才能に気づくことがある。

・関わることで楽しみの幅はひろがり、経験値は増し、多くの学びが得られる。

・思いやりや愛情に触れることができる。

 

などではないでしょうか。

 

時には他社との繋がりを持たずにいることが気が楽という考え方もありますが、

やはり人間関係が希薄になると、喜びに鈍感になり無気力な感覚が広がり、

漫然とした不幸感に陥ることもあるでしょう。

 

人との繋がりや信頼関係を保つことは頭で考えてしまうと難しいことかもしれませんが、

自分自身の自信と信念を持ちながら、

周囲の応援を感謝の思いで受け取れる状態でいれるそれが更なる成長にも繋がります。

 

そんなふうにバランスを保ちながら人との繋がりを大切にしていきたいものですね。

 

 


がることで豊かになる

高度成長時代の日本人にとって、仕事以外の人づきあいである

親戚づきあい、近所づきあいなどは煩わしいものであったのだと思います。

なぜなら、豊かさを競い合うことや周りに目を配るなどの余裕がなかったからでしょう。

 

また”村社会”というコミニュティーに関しても、

個人の自由や権利が制限されているという否定的な意味合いしか持たなかった。

 

そんな田舎のがんじがらめの人間関係から解放され自由を味わうため都心に来た人も多いと言います。

 

しかし今になれば、”村社会”や”地域のコミュニティー”というものが評価される時代になりました。

 

現代のソーシャルメディアの著しい発達は、

裏返せば”誰もが誰かとつながっていたい”ことを示しているように思えます。

 

人は一人では生きられないという当たり前のことが、

ますます大切になってきている証拠ではないでしょうか。

 

またつながりは”安心や安全の基盤”でもあります。

東日本大震災の際それを実感した方々の言葉からも多くを学びました。

 

多くのものを失っても、人と人との関係は流されません。

そして何よりも価値があることを改めて感じました。

 

いずれ訪れる2025年問題や少子高齢化という観点から見ても、

分断され孤立してしまったものを再び繋げるという努力を惜しまないことで

新たな価値を生み、豊かになることができるのだと信じ、

人との繋がりを大切にできる日々を過ごしたいと思いました。

 

 

~アップル社の創始者スティーブ・ジョブスの言葉から~

 

★今やっていることがどこかに繋がると信じてください★

その点がどこかに繋がると信じていれば、

他の人と違う道を歩いていても自信を持って歩き通せるからです。

 

関連キーワードはこちら

チームワーク 重要!

…もっと見る


人との繋がりサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ