- 言葉で人と企業を結ぶ -

柄重視なら学歴は関係無い?
人柄重視』の採用ってホント?

最近では、採用基準として「人柄」をあげる企業が

90%以上と多く、それに続き「自社への熱意」や

「今後の可能性」という項目を重視する傾向に。

 

このことから、『人柄重視の採用』『人物重視の採用』

というフレーズをよく目にするようになりました。

 

※人柄とは、 その人に備わっている性質や品格。

性質がよいこと。また、品格がすぐれていること。

 

しかし、性格や人間性などの内面だけを重視した

採用なんて、本当にあるのでしょうか?

 

そこで、最近の採用事情について調べてみましたので

ご紹介します。


当?「学歴フィルター」

「人柄重視の採用」といっても、能力や資格をまったく

考慮しないというわけではありません。

 

志望者が膨大な数になる大手企業に見られる傾向として、

新卒採用時に企業が定める水準以上の学歴保有者以外は

書類選考で落とされるというのが事実。

 

採用にかかる時間や労力は限られています。

何万人という学生がエントリーする人気企業の採用でも

それは同じこと。

 

そのため、唯一数値化できる学歴・テストの結果などで

次に進める者をまずは絞っていく必要があるのです。

 

しかし、すべての有名企業が学歴フィルターを設けている

わけではなく、一般的に高学歴の比率が高いと言われている

大手総合商社や投資銀行でも、人物や能力重視の採用を

行っているところも多く存在します。

 

だから、「どうしてもこの会社で働きたい!」という熱い思いが

あるなら、最初から諦めることなく、チャレンジしていただきたい

と思います。


っと辿り着いた「面接」を成功させよう!

いよいよ次は、面接への切符を手に入れた者だけが

挑める面接試験本番です。

 

面接では“見た目”が重要。

なぜなら初対面の場合、視覚から入る情報がその人の

第一印象を決めてしまうからです。

見た目とは、単純に容姿のことを指す場合もありますが、

それ以上に身だしなみや清潔感、立ち振る舞いが重要

になります。

 

次は“話し方”。話し方には、その人の人柄が出ます。

特に話をしている時のリアクションや、他の学生が

話している時などの表情で、その人の”素”の部分が

垣間見えるといいます。

『目は口ほどにものをいう』とは、まさにその通り。

 

そして、最後の最後で合否が分かれるのは

「面接官や企業との相性」と言われています。

 

たとえば、銀行などの金融系は、お客様からの信用が

何よりも大事なので、取り組みに誠実さが感じられる、

『真面目な優等生タイプ』を好みます。

 

またインフラ系は、企業規模が大きく転勤が多いこと

から、どこへ行っても環境や周囲の人に合わせられる

『調和型のタイプ』が求められるようです。

 

このように企業が求めているカラーを汲み取って、

それに沿った受け答えをしていきましょう。

 

「人柄重視の採用」といっても、

中身は『学歴という判断基準をクリアした上での人柄重視』

周りに踊らされることなく自分を磨き、自分の想い描く未来

を手に入れてくださいね。

 

関連キーワードはこちら


人柄重視サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ