- 言葉で人と企業を結ぶ -

変さ以上に、大きな達成感を得られる!
えることの難しさ

塾講師とはと聞かれて、思いつくイメージはどんなものでしょうか?

勉強ができれば、誰でも塾講師になれるわけではありません。

自分の頭のなかで理解できている内容だとしても、

実際に教えるのは簡単なことではないのです。

 

生徒のレベルによって、教科書通りに教えるだけではなく、

よりわかりやすく伝わるように工夫したり、

論理展開を考えたりしながら、

的確な指導を行うスキルが必要になる場合もあります。

 

生徒が講義に集中できるような仕組みづくりや、

時には叱るといったことも必要になるのです。

 

また、講義の質を上げるために予習をしたり、講義の進め方を見直したりと、

指導以外の時間も重要になります。

 

次に、塾講師の重要なポイントを見てみましょう。


気塾講師のポイント

◎面白くて、わかりやすい

話のスピードや論理力はもちろん、

上手な比喩やユーモアを織り交ぜながら指導をすることで、

生徒が退屈せずに講義を聞くことができるのです。

さらに、生徒の年代に応じて言い方を工夫したり、

気になる話題を提供したりすると、好印象を得られます。

 

◎成長したことを褒め、共に喜ぶ

生徒のことをよく観察し、成長したポイントを見つけて褒めることにより、

生徒は勉強に対してのモチベーションが高くなります。

しかし、何でも褒めるのではなく、前回わからなかった問題が解けた、

成績が上がったなど、成長点を褒め、共に喜び合えることが大切です。

 

◎身だしなみが整っている

見た目が不潔だったり、印象が悪かったりすると、

生徒に対して不快な印象を与えてしまうことがあります。

講義のスキルだけでなく、清潔感を与えることも重要なのです。


講師に求められているものとは?

成績向上はもちろん大前提なのですが、

面白くて、わかりやすい授業や質問しやすいなどの方法で、

生徒の「やる気を引き出すこと」が求められています。

 

“面白くて+成績が上がる”

“わかりやすくて+成績が上がる”が理想ですが、

面白さやわかりやすさだけでは、モチベーションが上がっても、

成績向上と直結するとは限りません。

 

まず、生徒に必要なことは何か。成績向上のために何が必要か。

そのためにプラスアルファで、「今」求められているのは何なのかを考え、

日々努力する必要があります。

 

まとめると、塾講師とは生徒の心を掴み離さない話術はもちろん、

要点をとらえるのが上手く、そして「生徒の立場になる」という姿勢が、

大切なのではないでしょうか。

 

 

関連キーワードはこちら


日々奮闘している塾講師サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ