- 言葉で人と企業を結ぶ -

集の仕事をしたいあなたへ
は編集者といってもいろいろ。自分のやりたいことを明確にしよう!

編集・制作の仕事の中で、

今回は編集者の仕事の実情についてお伝えします。

 

編集者は現在、いくつかのジャンルに分類されます。

主要のものを例に挙げると、

 

①作家編集者

小説や漫画作家につく担当編集者。

書籍のカタチになるまで、企画から校正、印刷まで、

作家のサポートをします。

 

②雑誌編集者

企画、取材、記事編集、校正など様々な業務に携わります。

仕事の内容は雑誌によって異なります。

 

③web編集者

webサイトやメールマガジンなど、ネットを使った情報原稿の編集

などを行います。

 

このようにただ「編集をやりたい」と漠然と思っていても、

自分のやりたいことができるとは限りません。

自分は何の編集をしたいのか、

しっかりとしたビジョンを持つことが大切です。


集者にとて必要なものは…

いつくかのジャンルがある「編集者」ですが、

共通して言えることは、豊富な知識や情報が必要ということ。

 

必ずどの編集を行っていても、原稿に間違いがないか確認する

「校正」の作業を行います。

 

誤字脱字はもちろんですが、この表現方法は正しいか、

時代背景は間違っていないかなど、

多方面から原稿を見て、校正をします。

 

知らなかったからと言って、間違ったまま出版されてしまったら、大問題。

「だって、知らなかったから」といっても通用しません。

文章を客観的に読み、間違っている箇所に気づける目を持つことが大切。

 

そのために、普段から本や新聞、TVなどいろいろなところにアンテナをはり、

情報収集し、豊富な知識を蓄えておきましょう。

 

その知識や情報は、編集で「企画」を行う際にも有効です。

人に興味を持ってもらいながら、

なお且つ、まだあまり世間に知られていないことを

独自の目線で取り上げる、

そんなカッコイイ企画はあなたの普段の努力から作られていきます。

 


やかに見えるけど、ほんとはキツイ仕事!

社内では、期日までに原稿を集め、校正し、

社外では情報を集めながら、知識を吸収し、

様々な方面へのコミュニケーションも欠かさない。

 

編集者は非常に忙しい仕事。

華やかな職業のように感じますが、

深夜までの勤務は当たり前、

泊まりこんでの業務もしばしば。

 

一人前と認めてもらうのに、時間がかかり、

最初のうちは雑用ばかりです。

 

そんなキツイ仕事ではあるけれど、

自分が関わった書籍や雑誌、ページの

出来上がりを見た時は、顔がほころんでしまい、

そんな気持ちがまた次へと繋がっていきます。

 

編集者に憧れている方、

華やかなことは少ないキツイ仕事ですが、

想像以上に面白いことがたくさんある職業ですよ。

憧れだけで終わらせずチャレンジしてみませんか。

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


編集という仕事についてサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ