- 言葉で人と企業を結ぶ -

ロからものを作り上げる、文章のプロフェッショナル
編集者”という仕事を知ろう!

編集者とは、書籍や雑誌を企画して制作の段取りを決め、

出版物ができ上がるまでを管理する人を指します。

 

その他、取材先への交渉や原稿チェック、

制作進行管理、予算の管理なども重要な仕事です。

 

 

<仕事の流れ>

 

編集者の仕事は多岐に渡りますが、

一般的な流れは以下のようなサイクルになります。

 

①企画の持ち上げ

②予算取り

③自分たちで取材を行うか、外部に依頼する

④出来上がった記事を編集して出版できるようにする

⑤印刷所へ持ち込み

⑥次の企画の持ち上げ

 

 

<編集者のやりがい >

 

◎原稿を受け取ったとき

・人気作家から原稿を取ってくるのは編集者の力量

・自分が一般人の中の最初の読者になれる

 

◎締切に間に合ったとき

・穴をあけられないプレッシャーから開放

・一つの作品になる第一歩

 

◎本になって書店に並んだとき

・苦労が報われ、大きな達成感に繋がる

・誰か買っていかないかのワクワク感

 

◎自分自身でつくりあげたとき

・全てを終えて脱稿したとき、自分の文章が公に

 

 

<編集者になるには>

 

特別な資格は必要ありません。

未経験者でもヤル気があれば挑戦しやすい仕事です。

 

編集者は、その道のプロ達と共に仕事をするので、

ものごとを正確に伝えることができ、

多くのスタッフとスムーズな関係を築くことのできる

高いコミュニケーション能力が重要になります。

 

更に、さまざまな切り口から記事を企画する企画力や

柔軟な発想力、流行感覚にあわせ、読解力や文章力、

デザインに関わる美的感覚も求められます。

 

将来、独立してフリーランスとして働きたいのなら、

新聞社や出版社、編集プロダクションなどで

アシスタントとして経験を積み、仕事を覚え、

人脈を築いていくのが良いでしょう。


ライター”という仕事を知ろう!

ライターは、

取材や集めた資料をもとに記事を書く仕事。

 

書いた原稿は書籍や雑誌などの紙媒体、

WEBやメルマガなどの電子媒体に掲載されます。

 

編集者の意向をしっかりと汲み取って、

それに見合う記事を仕上げることが重要です。

 

 

<仕事の流れ>

 

まず仕事を請け負ったら、

用意されたマニュアルをしっかりとチェック。

 

報酬や守秘義務、引用などコンプライアンスの

契約内容からライティングの際の注意点などが

書かれていますので、しっかり頭に入れます。

 

マニュアルと異なる文体で書いてしまうと、

とてもまずい状況になりますので、

書いてあることは絶対に守りましょう。

 

記事が書けたら、いよいよ納品。

しかし、これで終わりではありません。

 

クライアントがチェックして修正箇所があれば、

その都度直して、再度納品。この繰り返しです。

 

そして「OK!」が出て、

はじめて脱稿という形になります。

 

 

<ライターのやりがい>

◎困難を乗り越えたとき

・決められた納期と求められている品質で納品

・ゼロから自分で生み出す

 

◎クライアントに評価してもらえたとき

・要望に応えて自分の文章を完成させられた

・自分の文章を高くかってくれた

 

◎出会うことのできない人達にまで伝えられる

・文章を使い、さまざまな人に伝えられる

・数万人のユーザーに配信される

・誰かの役に立てる

 

 

<ライターになるには>

 

特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。

なので、誰でもライターとして活動できます。

 

実際には、大学やライター養成講座を出て出版社や

編集プロダクションで編集者として経験を積み、

ライターとして独立する人が多いようです。

 

独立後は、営業力やフットワークの軽さなども

必要になります。


後に

編集者・ライター。

どちらもゼロからものを作り上げる文章のプロ。

 

そして、苦労をやりがいに変えられる人たちが

活躍できる仕事なのだということを感じました。

 

あなたはどちらの仕事に惹かれますか?

 

関連キーワードはこちら


編集・制作作業サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ