- 言葉で人と企業を結ぶ -

販売力”を磨け!
売力とは

 

■販売とは

 

売りさばくこと。そして、販売力とは売りさばく力のことで、

サービス力・接客力・営業力・提案力・訴求力、この全てが揃って真の販売力となります。

 

■販売職とは

 

主に自社製品や取扱商品を直接消費者に販売する仕事で、

百貨店・スーパー・量販店・専門店などの流通系が主な職場になります。

基本的にお客様とは言葉のやり取りになるので、言い回しひとつにも注意しましょう。

 

■販売職に求められるスキルとは

 

お客様の立場に立ち親身になってその方に合った提案を考え、商品やサービスを提案し、

それを具体的にイメージできるようにアドバイスすること。

 

■販売職で役立つ検定とは

 

<セールススキル検定>

特定非営利活動法人セールスコーチング協会が主催する検定試験で、

1級~3級に区分されており、2級と1級では、筆記試験のほかに実技試験も行なわれ、

それぞれ実務経験が必要となります。企業からの注目度も高い資格です。

 

<販売士検定>

多様化する顧客のニーズを的確に捉え、豊富な商品知識や顧客に配慮した

接客技術を駆使して、ニーズにあった商品を提供することができ、商品の開発や仕入れ、

販売、物流などを効率的かつ効果的な仕事を行うことができる販売のプロを育てるために、

全国の日本商工会議所で実施されている検定試験です。

 

<サービス接遇検定>

近年、拡大しつつあるサービス産業に従事するために必要な専門知識や、

コミュニケーション能力を測る検定試験です。

(財)実務技能検定協会文部科学省の後援を受け主催しています。

 

 

この他にもまだまだ沢山ありますので、

仕事に合った資格にチャレンジして、自身の販売力を磨きましょう!


品を売るために大切なこと

■商品を売るために大切なこと5つ

 

①まず興味を持ってもらう

②理想の未来を見せる

③感情を揺さぶる

④限定生や希少性をつける

⑤不安を解消させる

 

 

特に、人は感情が揺さぶられた時、商品を購入します。

 

よく「モノを売るな体験を売れ!」と言われますが、

まさにこれは感情を揺さぶるテクニック。

 

ですから、モノを売る時は自己中に商品を紹介するのではなく、

価格以上の価値をしっかりと提示し、お客から感謝されるように

商品を紹介することが大切なのです。

 

関連キーワードはこちら

 


販売力とはサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ