- 言葉で人と企業を結ぶ -

遣社員<契約社員<正社員?
遣社員という働き方

派遣社員とは、他社で働くことを前提に、人材派遣会社で

雇用された労働者のこと。

人材派遣会社として事業所認定を受けている会社でなければ、

派遣社員を派遣させることはできません。

 

契約社員と同じように契約期間があり、契約期間満了時に

再契約するか契約終了するのかは、労働者と派遣先企業、

双方の意思により決定されます。

 

正社員や契約社員と違い、通勤手当が控除対象にならない

など、少し違った規則がありますが、健康保険や厚生年金、

雇用保険、有給休暇などは登録した人材派遣会社によって

同様に確保されます。

 

<メリット>

・いろんな職場でスキルを身につけることができる

・人間関係がうまくいかなくても期間限定なので割り切れる

・働きたい時間や場所、職種などを自分で選ぶことができる

・いろいろな職場で働けるので人脈も増える

・何かあった場合は派遣会社が間に入ってくれる

・派遣期間が終わったら、次の仕事を紹介してもらえる

・サービス残業はほとんど無い

・正社員では入れないような企業に就業できる

 

<デメリット>

・ボーナスや交通費、退職金がでない

・収入面が安定していない

・雇用が不安定

・正規雇用であるため、人員整理の対象になりやすい

・ローンや融資の審査が厳しめになる


約社員という働き方

契約社員は正社員と同様、企業と直接雇用契約を結び、

各種福利厚生も確保され、有給休暇も付与されます。

賞与は、契約内容により支給される場合があるので

事前にしっかり確認しておきましょう。

 

正社員との違いは、定められた期間に対し、いくら報酬を

支払うのかを明確にした上での有期雇用契約となること。

 

期間が満了になった場合、双方合意が得られれば再契約を行う

ことも可能です。会社によって自動更新となる場合もありますが、

その場合でも企業と労働者のどちらかが契約の終了を希望した

場合は、契約満了とすることが可能です。

 

企業にとっては「雇用解除しやすく」、

労働者にとっては「辞めやすい」形態といえます。

 

ただし、契約期間満了に伴う失業の場合は解雇扱いにはならない

ので、失業給付条件を満たしていても、失業保険の給付は3ヶ月

の待機が必要となります。

 

契約期間が満了した後は、派遣社員は派遣元から他のお仕事を

紹介される場合がありますが、契約社員は自分で新たな仕事を

見つけなければならないのでご注意を。


社員になりたい!

不安定な非正規社員でなはく、安定した正規社員となり、

安心して働きたいという方も多いと思います。

では、正社員として働く方法はあるのでしょうか?

 

「正社員では採用されないような大企業に派遣社員として

勤務し、成績が優秀だったため、正社員に採用された」

というケースも実在します。

ですので、まずは自己のスキルを磨き、会社から必要と

される人材になることが重要といえます。

 

また、紹介予定派遣という制度があり、これは派遣された企業

とマッチした場合は派遣期間終了後に正社員として働くことが

できるというもの。

正社員になりたいなら、紹介予定派遣を扱っている派遣会社を

探してみるのも良いかもしれません。

 

どのような働き方にもメリットやデメリットはありますので、

自分のライフスタイルやこれからのキャリアパスを十分に考え、

それに合った雇用形態を選ぶのがオススメです!

 

関連キーワードはこちら


派遣社員サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ