- 言葉で人と企業を結ぶ -

と人を繋ぐのが「配達」
使い方の違い

 

配達関連の話しをする場合、

知らず知らずのうちに同じような意味で使ってしまい、

意外に意味の違いが分っていないのが、

【配達】【宅配】【配送】【発送】などの言葉ではないでしょうか。

 

きちんとした使い分けで言うと、

「配達」は相手に品物が届くという結果に重点を置いた言葉となり、

主に『相手先を配って回っている状態』に使われ、

「宅配」は『配り先が個人宅』、

「配達」は『配り先の場所を問わない』という違いがあります。

 

実際、ピザの配達は「配達・宅配」なので、

個人宅はもちろん、お花見などしている道路や公園でも届けてもらえるのです。

 

また、「配送」は指定先へ運送行為そのものに着目した言葉になり、

主に『宅配会社の拠点間を移動している状態』に使われ、

「発送」は『荷物を送る作業、梱包して送り出す状態』に使う言葉になっています。

流れをまとめてみると、

『送り手は宅配会社に配達を依頼するので、

送り出してしまえば“発送完了”。

そこから地域をまたがって宅配会社の“拠点間を配送”され、

最後は“受取り手まで配達・宅配”される』というように使分けをされています。

 

分って使っていたようで、

意外に理解して使分け出来ていない言葉の一つでした。

今回はそんな中で『配達』という部分を中心にしている仕事について、

話しをしていきたいと思います。


達の「今」

「配達」の代表的な仕事では郵便局や新聞配達、宅配業者などがあると思いますが、

これらの仕事には配達(宅配)をするまでの間に配送業務も含まれるため、

それを同じ会社内、または下請け業者で一つの流れとして行っていることが多く、

働いている人の間でも「配達と配送が分かれた仕事だ」と、

取り立てて意識している人も少ないかと思います。

 

しかし、『サービス』という面で配送・配達を考えると、

「配送は会社間」「配達は会社⇔個人間」と関ってくる人が異なってくるため、

配達サービスをしっかりと別のサービスとして考え、

より、配達を「特化させたサービス」として提供している会社も多くあります。

 

例えば、

コンビニやスーパーでは、

有料または、一定金額以上の買い物で無料配達してくれる【配送サービス】や、

子育てが忙しかったり、働いていて、

献立を考えたり、買い物をする時間のないお母さんの代わりに、

栄養バランスや食の安全も考えた上で提供する【食材配達サービス】。

または、お年寄りばかりになってしまった過疎の村や

都市部でも高齢化してしまった集合住宅に食料だけでなく、

生活全般に必要な物資を購入から配達まで代行してくれる【代行サービス】など、

かなり、生活に密着しているものもあり、

大袈裟な話しではなく、

「これが無いと生きること(生活)に支障をきたしてしまう」ということまで、

この『配達サービス』というものにかかってきている面もあります。

 

そして喜ぶべきか、悲しむべきか近年では、

配達サービスに多くの会社が参入しているためサービス内容も増え、

一つの会社からサービスを決めるのが難しいほどになっているそうです。


れからの「配達」

しかし、人口の高齢化や核家族化は避けることが難しい現象の一つで、

「昔はご近所さんで助け合っていたこと…」という考え方が古いことも事実です。

 

そのため、こういった「配達サービス」が発展してくれることは、

これからの時代を考えると必要不可欠なものあり、

体が不自由な方、高齢者の方、

核家族化によって近くに頼れる人が少なく、

ちょっとした買い物でお子さんを家に一人で置いて行くことに、

不安を感じるお母さんなどが増えていくかもしれないことを考えると、

細部まで心遣いができた配達サービスが、

どんどんと発展するしていくことは、

より求める声が大きいものだとも思えます。

 

同じ配達サービスの一つでもある、

「サンタクロースのおじいさんが、

世界中の全ての環境いる子供たちにプレゼントを運んでくれる愛情」にも似て、

これからの配達サービスというものが環境に左右されず、

多様な状況にいる大人たちにとっても、

『人の優しさや暖かさ、ドキドキ感』などを届けてくれる、

今よりも更に、重要な仕事になっていくのかもしれません。

 

関連キーワードはこちら


配達サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ