- 言葉で人と企業を結ぶ -

任感と尊重の先に、やりがいと信頼が待っています。
習支援とは

学習支援と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?

例として次のようなものがあります。

 

◆学校教育

◆学校を除く組織的な教育活動

◆学校教育の補習教育

◆通信教育事業、学習塾、図書館、博物館、植物園など

 

日本の公的な統計における、産業を分類を定めたものでは、

これらを「教育、学習支援業」としています。

 

その中の、学習塾について紹介します。

 

多くの塾では主要な5教科(国語、数学、理科、社会、英語)の学習支援を行っています。

学習塾の分類として、大きく分けて2つの形があります。

 

●学力別

大手の進学塾に多く、難関校進学クラスを持つ塾のほとんどがこの形を採用しています。

 

●人数別

人数別の中でも、集団授業、自習形式、少人数制授業、個別指導などの形があります。

 

近年の少子高齢化の影響で、縮小傾向が今後予想される業界という一面はあります。

 

しかし、塾に通う子どもの割合が2002年頃から再び増えてきており、

業界の規模が極端に縮小することは避けられています。

 

また、業界再編によってお互いのノウハウを吸収しての提供サービスの

拡大や、事業基盤の安定化に努めているところが多くあります。

 

例えば、ターゲットとする生徒の年齢層を拡大、学校教育との連携、

学童保育・介護サービスなどの展開が進められています。

 

時代とともに事業内容を変化させていかなければならない仕事は多いですが、

学習支援にもさまざまな工夫が求められているようです。

 


強だけじゃない!塾講師に大切なこと

“教えることのできない子どもというものはない。

あるのは子ども達にうまく教えられない学校と教師だけである。”

 

アメリカの哲学者、教育者のモーティマー・J・アドラーの言葉です。

 

「教えてやろう」という姿勢ではなく、「愛情を持って教育に臨む心」が必要です。

それができれば、子ども達は必ず成果を出してくれるのです。

 

では塾講師にとって大切なことは何でしょうか。

 

○分かりやすい説明ができる

○子どもの話題、流行に合わせる

○子どもの弱点、得意なことをすぐに見抜く

○子どもを一人の人間として扱う

 

長く難しい説明、退屈で眠くなる授業より、分かりやすく面白い方が集中力の

続かない子どもにとって良いことは明らかです。話に興味を持ってもらうために、

流行のジョークやキーワードを混ぜるようなことも有効です。

 

また、各個人の弱点や得意なことを見極め、きめ細かいアドバイスや工夫も、

生徒の成績アップにつながります。

 

そして最も大切なのは、子どもと接する際に偉そうな態度をとらないこと。

 

そうすれば子どもの方から質問・相談をしてくれることも多くなってくるはずです。

その中から信頼感を得ていくことは、コミュニケーションを円滑にし、

どのように指導をするべきかを知る機会にもなるでしょう。

 

講師、先生とは尊敬できる存在であるべきで、身分高く威張る存在になってはいけません。

 

人と人との間に身分の上下はなく、互いに尊重し合わなければいけないことは、

子どもとの間でも変わらない常識として、忘れないようにしたいですね。

 

 


講師あるある!こんな体験

塾講師のプレッシャーも和らぐ、面白いエピソードをご紹介します。

 

・読解不可能な答案の真相

部活動帰りでお疲れだった模様。睡魔と闘った結果です。

話を聞いて「部活と勉強の両立方法」のようなアドバイスをしてあげましょう。

 

・「なりっとる」

「ななりっとる(7リットル)」と読むところの小学生生徒のかわいい読み間違えです。

子どもの心は繊細です。

細心の注意を払って、本人が傷つかないようにフォローしてあげましょう。

 

・気分はノマドワーカー

生徒がカフェで勉強してきことを「かっこいいでしょ!」と自慢。

次は塾の自習室もいかが?とススメてみましょう。

 

・座布団一枚もの

「今日も暑いね」の一言に「先生の化粧も厚いね」の切り返し。

怒ってはいけません。

大人の心の広さを見せてあげましょう。

 

・街中で偶然ばったり大きな声で「○△先生!!」

たとえオフでも生徒にとって先生は先生……うれしいような恥ずかしいような複雑な気分でしょうか。

 

ほかの仕事では出会わないような、微笑ましいことがたくさんありますね。

しかし、対処を怠ったり間違えたりすると、子どもの心を傷つける可能性が高い場面もあります。

 

塾講師ならではの苦労やプレッシャーはありますが、生徒が希望する学校に受かった、

成績が上がったなど、やりがいを感じる場面も多いはずです。

時給が高いから、給与が良いからというだけで選ばず、責任感を持って取り組む姿勢が大切です。

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


学習支援事業サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ