- 言葉で人と企業を結ぶ -

びしろの大きい不動産業界
んなイメージ?

普段なかなかお世話になることが少ない不動産。

皆さんどんなイメージをお持ちですか?

 

激しい売り込みやしつこい営業、怖い人が出てきそう。など…

具体的に何をしているかわからない。

そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

 

そこで今回、不動産業とは具体的にどんな業務を行っているのか調べてみました。

 


体的には?

まず土地や建物のことを不動産と呼びますが、

その不動産を扱う業界が不動産業です。

 

身近なものとしては、不動産の売買、交換、賃貸、管理及び、

売買・交換・、賃貸の代理もしくは、仲介など広範囲の業務を行っています。

 

目的によって専門分野がありますが、

ここでは一般的に耳にする不動産業態をピックアップしてみました。

 

■ 新築マンションの分譲

マンションの企画・設計・施工・販売・管理。

建設業界・ゼネコンに属する大企業が、

系列子会社に販売を受託するケースが多いようです。

ゼネコン…General Contractorを略した和製英語。総合建設業者という意味です。

 

■不動産販売

土地分譲や建売住宅・新築マンションを売主または代理して販売。

 

■不動産仲介

他人・他社の所有する不動産を仲介(紹介・斡旋)する。

 

■賃貸系企業

賃貸マンションやアパートの仲介等。

 

■不動産コンサルティング

依頼者の不動産活用に関しての企画やアドバイス等を行う。

 

■競売ビジネス

裁判所による競売で不動産を落札し、商品化して販売する。

 

■マンションの買取業者

中古マンションを買取り、リフォームして再販する。

 

■ディベロッパー

大規模な住宅開発や都市再開発、リゾート開発などをする。

 

 


々な国家資格

■宅地建物取引士(国土交通省)

宅建士資格取得者なしには、不動産業者が宅建業を営むことができません。

法律の知識をもとに的確なアドバイスや提案をすることができ、

就職・転職の武器にもなる、人気の高い国家資格です。

 

■マンション管理士(国土交通省)

管理組合が抱える問題をコンサルタントとしてサポートします。

日本全国のマンション管理組合は10万組合を越え、

多くの管理組合が力と情熱のあるマンション管理士を必要としています。

 

■管理業務主任者(国土交通省)

主にマンション管理会社の従業員として、管理委託契約時に重要事項を説明したり、

組合に対して管理状況の報告などを行います。

 

■不動産鑑定士(国土交通省)

公認会計士試験と並んで3大国家試験の一つで超難関の資格と言われています。

不動産の鑑定評価はもとより、

それを基礎とし、土地の有効利用なども考慮したコンサルティング業務等も行います。

 

■土地家屋調査士 (法務省)

不動産の表示に関する登記を独占的に行う国家資格

土地、建物などの測量、調査、申請を行なう為の資格です。

 

■土地改良換地士 ( 農林水産大臣)

農業用地の整備・土地改良事業・農用地集団化事業など、

農用地に土地改良換地計画が持ち上がった際、

専門知識と公平な立場で関係権利者が判断を下すための材料を提供する専門家です。

 

■土地区画整理士 (国土交通省)

土地区画整理法に基づいて、土地区画整理事業の円滑な施行が進められるように、

公平な立場で、土地提供者間の利害を調整する専門家。

 

このように様々な資格がありますが、

まずは宅地建物取引士(宅建士)」を取得し、今後の業界の動向を見据え、

需要が期待される業務に対応できる資格取得を目指すことをオススメします。

 

なお、不動産系資格は、年に1回の試験チャンスしかありません。

ですので、しっかりスケジュール管理を立ててから挑戦しましょう!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 

 

 


不動産業サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ